宮城、岩手でクマ被害相次ぐ 2人けが

25日午前11時15分ごろ、宮城県大和町宮床の笹倉山で、仙台市泉区の無職男性(73)がクマに襲われ、左肩や左腕などに軽傷を負った。
同県警大和署によると、現場は宮床ダムから北に約2キロの山中。クマは体長約1.5メートルで、子グマ2頭を連れていた。男性は1人で山菜採りをしていた。
同日午前11時ごろには岩手県山田町山田1地割の山林で、同町山田9地割、無職外舘哲さん(60)がクマに襲われ、左頬や左手に大けがをした。東北で今季初のクマによる人身被害とみられる。宮古署によると、外舘さんは1人で下草刈りをしていた。現場近くの作業小屋にいた男性に自力で助けを求め、ドクターヘリで盛岡市内の病院に搬送された。