農作業中の女性クマにかまれる 転倒し骨折

5日午前9時20分ごろ、宮城県栗原市栗駒松倉小屋敷の畑で、農作業をしていた女性(79)がクマに襲われ、後頭部をかまれたり、転んだ際に腰の骨を折るなどのけがをした。若柳署によると女性は意識があり、命に別条はないという。現場は栗駒山に近い里山で、本年度の県内でのクマによるけが人は2人目。
県自然保護課によると、本年度はクマの出没件数は5月25日現在で109件。クマの目撃情報は8月に向かって増えるといい、県や若柳署は注意を呼び掛けている。
県内では5日午後4時半ごろ、加美町宮崎南でクマ1頭が目撃された。