あり得ない情報を放送したTBS「報道特集」

TBS「報道特集」が、焼き肉店の店主から安倍総理が食べたメニューやクレジットカードの種類とステータス(クラス)を聞き出し、放送した件。

個人のプライバシーに関わることを放送するという、放送業界としてあり得ないことをやった。

私も放送の最前線にいたが、こうした内容のものがVTRで出来上がってきた場合、誰かが「これはまずい」と気づき、番組としてプライバシーに関わる部分を切る修正に入る。

「報道特集」でこれが働かなかったということは、この番組の制作に携わる人々に能力がないということであろう。

食べたメニューの1、2品について、ちらっと話すくらいであればまだ許容されうるとの考え方もある。
しかし、クレジットカードの種類やステータスまで放送するのはあり得ない。

店主がどのような理由で話したのかは不明だが、番組側が「まずいところは切りますので、全部話して大丈夫です」と言って無理に話をさせられた可能性もある。

いずれにしても、最終的に放送する側が今回はあり得ないことをしてしまった。

このまま店の売り上げが減ってしまったらどうするのだろうか。
安倍総理は公人であるが、ここまでプライバシーを公開される理由はない。

番組としてどのように対処するのだろうか。

『安倍首相が使ったクレジットカードは… しゃべる飲食店主、放送するTBS』(J-CASTニュース)
https://www.j-cast.com/2017/08/01304826.html?p=all