“AI広告ライター”、サイバーエージェントが開発へ 研究組織を設立

サイバーエージェントは8月29日、人工知能(AI)技術を活用し、広告の自動生成を研究する専門組織「AIクリエイティブセンター」を設立したと発表した。検索連動型広告のタイトルと説明文をAIに機械学習させ、テキスト生成を自動化する考え。

photo

現時点では20人のライターが広告を制作、入稿・差し替え、レポート、効果分析している作業を、将来はAIが一貫して行うのを目指す。まずはライターチームが大量に制作した検索連動型広告のタイトル、説明文を分析し、どんな要素が広告効果を高めるかをAIに機械学習させているという。

同プロジェクト担当者は「現状では、広告を大量に作るのに人手を割いてしまっている」と話す。「新しいものを生み出すのは、AIよりも人間が優れている」として、大量の広告制作はAIに任せ、新しい言い回しやアイデアを盛り込む作業は人間のライターが担う――という体制を目指す。「分業によって、20人のライターをより専門的なプロフェッショナルにしていきたい」

今後は、同社のAI研究機関「AI Lab」と連携して、広告の自動生成ツールを開発・提供し、企業のマーケティング活動や広告効果の最大化をサポートするとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.