香川選手、華麗な技を披露 仙台でサッカー教室

サッカー日本代表のMF香川真司選手(FCみやぎ出身)が21日、仙台市宮城野区のキリンビール仙台工場で開かれたサッカー教室でゲストコーチを務めた。(26面に関連記事) 参加した仙台市中野小と中野栄小の4年生計114人を前に、香川選手はミニゲームで華麗なドリブルやトラップを披露。記念撮影やボール遊びで交流を深めた。子どものころの夢がJリーガーになることだったといい、「何か一つ夢を持ち、実現できるように頑張ってね」と呼び掛けた。
 中野栄小4年の菅原隆〓君(10)は「迫力のあるボレーシュートが格好良かった。将来はサッカー選手になって香川選手と対戦したい」とうれしそうだった。
 教室は日本サッカー協会とキリングループが被災地支援の一環で企画した。