<仙台市>IT現場をソフトに紹介 ウェブサイトを開設 インタビューコーナーやコラムも満載

仙台市は市内のIT産業の魅力を発信するウェブサイト「SENDAI INC.」を開設した。「IT」をテーマに仙台で活躍する人や企業を軟らかい切り口で紹介し、学生や若者に興味を持ってもらうのが狙い。市産業振興課は「新たな人のつながりを生み出し、IT産業の活性化につなげたい」と期待する。

インタビューコーナー「伊達社員を探せ!」は、市内のIT企業で働く人に焦点を当てる。初回はデジタルマーケティング運営支援会社の社員を取り上げ、オフィスの様子や仕事のやりがい、働き方などを写真を織り交ぜながら伝えた。
コラム「してみた人に、きいてみた」の第1回には、モバイル端末用アプリ開発の若手起業家が登場。市内の大学在学中に起業したきっかけや将来の展望などをつづった。
このほか、居酒屋やカフェでIT産業の関係者がざっくばらんに語り合うコーナーや、IT関連イベントのリポート、最先端技術の実証実験の紹介など、多彩なコンテンツを準備する。サイトと連動したイベントも企画している。
市は学生や若者の地元定着やUIJターンの促進を目指し、雇用の受け皿となるIT産業の振興に力を入れている。市産業振興課の担当者は「仙台から、ITを使った新しい製品やサービスが生み出されるよう後押ししたい」と話す。