SNSに役立つ英略語

LINEスタンプにもなっている「りょ(=りょうかい)」「ま?!(=まじで)」など女子高生発の略語。

「長い文章や言葉をいちいち打つのは面倒くさい」という気持ちは国籍を問わずあるようで、英語圏に住む人々の間でもSNSのコメント欄やチャット、メールのやり取りで多くの略語が使われています。

外国人の友達ができたときに役立つLINEで使える英略語にはいったいどんなものがあるのでしょう?

◆「超やばい!」「知らない」は英略語の定番で

日本でも「オーマイガー」と崩した発音でよく耳にする「Oh My God」。これを「OMG」と略すのは英語圏では定番で、アメリカ版のLINEには絵文字があるほど。大人も子供も使います。

使い方は簡単。良い、悪い問わず驚きの表現として、「マジで?」「超やばい!」「半端ない!」といった感情を表すときに使ってみましょう。

また、なにか意見を問われたりした際、答えが分からない時や答えをあいまいにしておきたいときに重宝されているのが「IDK」。「知らない」「分からない」を意味する「I don’t know」の略です。

◆話題を変える「BTW」、話題を戻す「BTT」

会話の合間に頻繁に目にするのが「BTW」。日本語で「ところで」を意味する「By the way」の略語にあたり、話題を変えるときに便利。

普段の生活ではもちろんですが、仕事場で同僚とのメールのやりとりでも使うことがあります。

話題を変える以外にも、忘れていた案件を急に思い出したときなどに、「Btw, about the project~」(ところであの案件なんだけど~)のようにメール冒頭で使用することも可能な便利な言葉です。

逆に、話が脱線してしまったときに使うのが「Back to the topic」(話を戻そう)の略語「BTT」。これは個人的なやり取りというより、ネット掲示板の特定スレッドで話がずれていってしまったときなどに使われているようです。

◆「またね」「ありがとう」も略語でサクッと

LINEやチャットでの会話を終わらせる英略語も豊富です。

メジャーどころは「またね」を意味する「Talk to you soon」の略語「TTYS」と「See you」の略語「CU」。「See」を短くすると「S」ではなく発音重視で「C」になるのが面白いですね。

また、「そこまで長くないのになんで短くしたいの?」と思ってしまいそうな単語にも略語があるのはアメリカも同じなようで、「Thanks」は「THX」「TNX」「TX」といろんな形に略されています。

◆海外ドラマで見かける「XOXO」「BFF」は女子力高めのサイン?

最後に、読者の皆さんに女子力高めの表現「XOXO」(ハグとキスを)と「BFF」(ベストフレンド・フォーエバー)を伝授。

前者は略語というより絵文字なのですが、それぞれの文字を上からみたとき、「X」は唇合わせてキスをしているように見え、「O」は両手を広げてハグをしているように見えることからこの意味が付いたそう。

さらに、「親友」を意味する「BFF(Best Friend Foreverの略)」は、セレブもSNSで使う流行語。

「I’ll go out with BFF」(BFFと出かけるの)と会話に挿入してよし、「TTYS BFF」(またね、親友!)のように愛を込めて会話の〆に使ってよし。

海外ドラマを見ているとよく出てくる略語は、日常でも使用頻度高めなのです。まぁギャル限定での話ですが……。

―橘エコのリアルに使える英語―