むすび丸ジェット、全国へ宮城をPR きょう就航

仙台空港を拠点とするアイベックスエアラインズ(東京)は15日、宮城県の観光PRキャラクター「むすび丸」を機体に描いた旅客機を同空港で関係者に披露した。16日に就航し、全国の空から宮城をPRする。
県と1月に結んだ包括連携協定の一環。機材は同社が新たに就航させる70人乗り小型機で、機体中央や翼の先端部分に、すずめ踊りをしたり温泉に漬かったりするむすび丸を描いた。
16日の仙台-広島線で初フライトし、全国12都市を結ぶ全17路線の運航に使われる予定。同社の浅井孝男社長は「宮城の翼として全国に魅力を発信したい」と話し、村井嘉浩知事は「大きなスケールでPRしてほしい」と期待した。