日大学長、無関係学生の就活影響を懸念 面接で質問「グサッとくる」

日本大学は25日、悪質なタックル問題を起こしたアメリカンフットボール部について、都内の日大本部で大塚吉兵衛学長が会見を開いた。今回の問題が4年生の就職活動に表れているといい、「就職のところでハンディキャップにならないように、企業さんにはお願いしないといけない」と会見を通じて求めた。

【写真】場内騒然…日大学長会見に女性が乱入「怖さをこれから思い知らせてやる」

 今回の件に関係ない日大生への影響について、「4年生については面接などで、『あの問題をどう思うか』という、本人にとってはグサっとくる質問をされるというのが一つ、あるようです」と明かした。各企業に対して、「学生個人個人については重々感じていて、面談にうかがう、面接にうかがうわけですので、別の質問にしていただきたいなという気持ちも私の方からはお願いしたい」と所感を述べた。

 各地にある付属高校にも「数は少ない」としつつも苦情が来ているという。大学の学部は対応窓口の電話が「鳴りっぱなし。取れる本数も少ない」ほど担当者が対応にかかりきりだという現状を説明した。