キムタク&静香の次女 モデルデビューにエル・ジャポン編集部「89年の日本版創刊以来最大の反響」

木村拓哉(45)工藤静香(48)夫妻の次女、(コウキ、15)のモデルデビューをスポニチ本紙が報じた28日、表紙に起用したファッション誌「エル・ジャポン」編集部には問い合わせ電話が終日殺到。「他の仕事がまったく手につかないほどで、1989年の日本版創刊以来最大の反響」と明かした。

【写真】凛とした表情を浮かべるコウキ。顔立ちはキムタクそっくり

 スポニチ本紙の取材では、コウキが「モデルに挑戦したい」と両親に明かしたのは昨年。その潜在的能力を以前から感じていた広告写真界の巨匠、操上和美氏(82)が同誌を紹介。編集長らが本人と直接会ったところ、そのポテンシャルの高さに驚き、当初予定していなかった表紙に15歳の新人をいきなり抜てき。グラビアも計9ページにわたって起用した。

大物2世のデビューにネットも大反響。「両親のどちらに似ている?」と議論となっており「両親と並んでいるところを見てみたい」と早くも共演を望む人も多かった。