<仙台・宮城観光キャンペーン>伊達な文化「涼」感じて 爽快な旅提案

宮城県や仙台市、JR東日本などでつくる仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会は4日、7~9月に展開する夏の「伊達な旅観光キャンペーン」の概要を発表した。前年同様、涼しさや爽やかさを感じる旅を提案する。
人気アイドルグループ「Hey!Say!JUMP」を起用した県の観光キャンペーン「夏タビ宮城」と連動。ガイドブックを首都圏や北海道の主要駅で配布するほか、ポスター2000枚を掲示。若年層を中心に県内への誘客を促す。
新たに県内の「爽快を素肌で感じる観光素材」を盛り込んだ夏版のガイドブックを作成。6日からは県外希望者に50万部を発送(郵送代のみ自己負担)する。
JR東日本は県内を7~9月の重点販売地域に指定した。ジェイアールバス東北が運行する定期観光バスに仙台の歴史や魅力を伝えるおもてなし集団「伊達武将隊」が乗り込み、ガイドを務める。
仙台市内のホテルで記者会見した協議会長の村井嘉浩知事は「多くの人が利用する駅にポスターが張り出されることは誘客効果が期待できる」と語った。7月1日にJR仙台駅でオープニングセレモニーを開く。