埼玉上空にUFO100機の大編隊出現!

5月末、「UFO観測会inさいたま」が埼玉県さいたま市で行われた。UFO召喚に挑んだのはUFOアイドルの藍上、UFOコンタクティーの武良信行(宇宙ネーム=武良ラムゥ)氏。一般参加者とともに2時間にわたりUFOを呼び出したところ、20~30個の未確認飛行物体が飛来したという。UFOが集団で姿を現すこの現象は、UFOフリート(編隊)と呼ばれている。

武良氏は事前にUFOとコンタクトして撮影許可を取ることで、UFO召喚の成功率は90%を誇る。観測会は午後1時にスタート。武良氏が観測場に入ると、「今回は北から南にかけて午後3時ごろにやってくる」と断言した。

観測開始数分後、参加者数人が黒系色の飛行物体の撮影に成功し、武良氏は「虫型UFO」と断定した。その後も、黒系の薄い球体や濃い黒の物体、白い球体を撮影した人も出た。

観測会終盤の午後3時ごろ、数人が「北東の方角に複数の物体が見える」と騒いだ。藍上は「私は視力が悪く肉眼では確認できませんでしたが、倍率3倍の望遠鏡をのぞき込むとかすかに、黒や茶色のような球形型に見える物体が20機以上も飛行しているのが確認できました」と語る。

北東の方向に現れた飛行物体群は数十秒かけて、太陽のある南東の方角へと移動し消えていった。

「飛行機の速度と比べても数倍の速さで移動していったため、相当な速度でしょうね」と藍上。

そのときに撮影された写真を拡大してみると、約100個ものUFOが確認できる。

武良氏は「近頃は巨大なUFOが多く撮れる傾向にあり、やってきている宇宙人は人類を創造したとも言われるアヌンナキである」と分析した。今回のUFOフリートもそうらしいという。

オカルトに詳しい作家の山口敏太郎氏は「今までも日本でたびたびUFOフリートが目撃されてきました。しかしながら、数はせいぜい10機前後で、今回のような30機を超える大編隊は、日本では初めてのケースです。当初は風船かと疑いましたが、20人ほどいた観測会のメンバーに聞くと、猛スピードで移動していたらしく、風に飛ばされている感じはしなかったようです。しかし、何らかの予兆ではないのかと不安な気持ちもあります。北朝鮮とアメリカが微妙な関係になりつつある今、国際紛争の前兆でなければ良いのですが…」と話している。