「ホンダジェット」国内販売開始 2019年前半の納入目指す

販売ディーラーは丸紅エアロスペース

ホンダの航空機事業子会社であるHACI(ホンダエアクラフトカンパニー)は2018年6月6日(水)、小型ビジネスジェット機「ホンダジェット(HondaJet)」の、日本での受注を開始すると発表しました。

販売にあたっては、丸紅エアロスペースをディーラー「HondaJet Japan」に指定し、販売・整備・機体の運用サポートなどの各種サービスを提供します。HACIは、国土交通省航空局に対し、2018年5月に機体の型式証明申請を行っており、2019年前半の納入開始を目指しています。

日本では、最新型の「ホンダジェット エリート(HondaJet Elite)」を販売。これは、従来の「ホンダジェット」に比べて、約17%(+396km)の航続距離延長、静粛性の向上、などを図った小型ビジネスジェット機です。

ホンダの八郷隆弘 代表取締役社長は「空を自由に移動できるモビリティーの実現は、ホンダにとって、創業当初からの夢でした。そしてついに、ホンダ創業の地である日本で販売を開始することができ、心よりうれしく思っています」とコメント。

また、HACIの藤野道格 社長は「これまでホンダジェットに対して、日本においても多くのご期待の声が寄せられていました。今回、日本で販売を開始することをとてもうれしく思います。今後、日本においても多くの方にホンダジェット エリートを体験していただき、日本におけるビジネスジェットの普及を目指していきたいと思います」との言葉を寄せています。