会社の敷地にクマ入り込み捕獲 仙台 太白区

6日昼ごろ仙台市にある日本郵便の関連会社の敷地に、クマ1頭が入り込んでいるのが見つかり、警察や猟友会のメンバーが捕獲作業に当たった結果、先ほど午後4時すぎに捕獲されました。

6日午前11時半ごろ、仙台市太白区茂庭の日本郵便の関連会社の敷地に、体長50センチほどの子グマ1頭が入っていくのを通りがかりの人が見つけ、警察に通報しました。

警察官が駆けつけたところ、子グマはいませんでしたが、親グマと見られる大人のクマ1頭が、敷地内のトラック整備工場のはりの上にいるのが見つかりました。

警察や猟友会のメンバー、それに、仙台市内の動物園の担当者などが捕獲作業に当たり、通報から4時間余りたった午後4時すぎに捕獲されました。

クマは、体長が1メートル余りで、上空のヘリコプターから撮影した映像では、おりに入れられて車に載せられる様子が確認できました。

このクマに襲われた人はいませんでしたが、子グマの行方は、わかっていないということで、警察などは警戒を呼びかけています。

現場は、東北自動車道の仙台南インターチェンジのすぐ近くで、周囲には住宅や工場などが点在しています。