40歳以上の20人に1人が罹患―失明原因1位の緑内障の恐怖

「『視力がいいから大丈夫』と思っていても、40歳以上の20人に1人は、日本の失明原因第1位の眼の病気、緑内障にかかっている可能性があります。私のクリニックでも『買い物をするとき値札が見えづらい……』と来院された女性が緑内障だったというケースがありましたが、そうした自覚症状はごく少数。気付かないうちに進行し、見えなくなる寸前に発見、というケースもあります」

そう警鐘を鳴らすのは、たじみ岩瀬眼科の院長で、日本緑内障学会理事の岩瀬愛子先生だ。6月7日は「緑内障を考える日」。緑内障とは、視神経に障害が起きることで、眼で捉えた映像がうまく脳に伝わらず、じわじわと視野が欠けていく病気。

日本緑内障学会と岐阜県多治見市が’00~’01年に実施した疫学調査では、無作為抽出で選ばれた40歳以上の男女約3000人のうち、5%にあたる20人に1人が、緑内障に罹患していることが判明した。しかも、9割は罹患の事実に気付いていなかったというから驚きだ。

さらに「急増している高齢者ドライバーの交通事故のなかには、視野が狭いことが一因にあるのではと思われるケースもあります」と岩瀬先生は指摘する。

実際に、製薬会社のファイザーが今年4月、月1回以上車を運転し、かつ緑内障と診断されたことのない40歳以上の男女約1万人にアンケート調査をしたところ「自分が緑内障である可能性があると思う」と答えた人は、わずか1%。緑内障の検査も、6割以上が受けていないことがわかった。

油断していると、車の事故はおろか、失明しかねない事態になる可能性も……。人生100歳時代を快適に過ごすためにも、5年に1度は緑内障の検査を受けておくとよいそうだ。