村上春樹氏FMラジオ出演で業界騒然 テレビ、広告界も担ぎ出しに動く

ノーベル文学賞に何度も名前が挙がる世界的作家の村上春樹氏(69)がTOKYO FMのラジオ番組に初出演し、DJを務めることが発表され、放送・出版・広告などの業界がちょっとした騒ぎになっている。

村上氏が出演するのは8月5日に全国38局ネットで放送される「村上RADIO~RUN&SONGS~」。作品にも度々出てくるが、村上氏はジャズを中心に音楽に詳しく、過去にはジャズ喫茶を経営したこともあるほど。フルマラソンにも複数回出場するなどランニング歴も長いことから、収録では実際に走る時に携帯しているiPodに入っている曲も紹介する予定だ。

「メディア出演嫌いで知られた村上さんを、ラジオ出演も初だというのにいきなりDJデビューさせる。そればかりか構成や番組テーマ、選曲も自分でするんです。気合の入れ方がハンパじゃないんです。TOKYO FMの大金星といっていい」(テレビ関係者)

この一報に度肝を抜かれたのが、テレビマンや広告代理店関係者だ。

「これまで村上さんは絶対に表には出ないという噂があった。もちろん、誰かが確認したわけではないんですが、この噂だけが独り歩きしていたんです」(事情通)

実は意外だが、村上氏は大の話好きだという。

「寡黙な印象がありますが、本当はものすごい冗舌。自分が興味あることなら何時間でも話し続けられる」(制作関係者)

さっそくテレビ局はバラエティーや情報番組に村上氏を担ぎ出そうと動き始めた。

「なにせ世界の村上さんですから、報道や情報番組がコメンテーターやキャスターとしてデビューさせたい。もしくは池上彰さんや林修さんと同じ、最初から番組の看板ポジションでもいい。世界中の視聴者が興味を持つでしょう。村上さんのことだから『ギャラも言い値でいい』と、このご時世に太っ腹のはず。広告業界でもCMに出てほしいと騒ぎだしてます」(事情通)

タレントデビューが近いかも。