ポーランド政府観光局が日本のTV局に遺憾「W杯番組制作で丸投げ」

ポーランド政府観光局は、日本のテレビ局の取材協力依頼に「遺憾です」と東京支局の公式Twitterを通じて発信した。

サッカーW杯日本代表の決勝トーナメント進出をかけたポーランドとの試合は、日本で大きな関心を集めている。そのため、ポーランド政府観光局にはテレビ局関係者からW杯関連番組の制作のため多くの電話が来るとのこと。しかし、テレビ局側は「リサーチのできるポーランド語人材が見つからないため丸投げ」で、ネットで調べられる事柄も「なる早で全部お願い」と要求してくるという。ポーランド政府観光局は、これらの取材姿勢を「遺憾」とし、「ご自身でもお調べになられてはいかがでしょうか?」と求めた。また、「電話をかけてこられる番組制作会社の皆さんは、ほとんどが電話番号非表示でかけて来られますが、これはいかがなものでしょう?」との疑問も呈している。

日本対ポーランド戦は、本日28日23時にキックオフ。ポーランド政府観光局は、「結果は勝ち負け、引き分けのいずれかが出るとしても、何よりも両国のチームと選手の皆さんがベストコンディションで気持ちのいい試合ができれば最高だなって思います」と両国の健闘を祈っている。