羽生着用の「仙台平」が一躍脚光 ネット「彼が身につけなかったら一生知らなかった」

フィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪連覇を達成した羽生結弦(23)=ANA=が2日、首相官邸で行われた国民栄誉賞授与式に出席した。羽生はこの日、地元・仙台の伝統工芸である「仙台平(せんだいひら)」の袴を着用していたが、この言葉がネットでも一躍注目に。トレンドワード上位を駆け上がった。

凛々しい紋付き袴姿で出席した羽生。これは江戸時代に仙台藩で生まれた最高級絹織物「仙台平」の人間国宝、甲田綏郎氏から贈られた袴で、故郷を愛する羽生らしい姿での晴れ舞台となった。

宮城県のHPによれば、仙台平は「縦に柔らかく、横に張りはあり、耐久性に富み、晴れの舞台や、芸道に精通する方などから高い評価を得ている」というもので、羽生も授与式で「本当に快適に身に付けさせていただいてます」とその着心地を絶賛していた。

今回の授与式で「仙台平」は一躍注目の的に。ネットではトレンドワードとして急上昇し「仙台平の袴姿がなんと神々しいことか」「故郷の名産品である、仙台平を身にまとってほしいとずっと思っていた」「彼が身につけなければ、仙台平を一生知らなかったのは私だけではないはず」などの声が。

宮城県HPによれば、仙台平は袴だけではなく、ネクタイや名刺入れなどにも使われているといい「羽生君が着ていた袴『仙台平』が気になります。小物をちょっと見てみようかな」という声も上がっていた。