足立梨花、荒ぶりツイートは「サッカーW杯」以外にも……過度な“エゴサーチ”でメンタル崩壊危機か

近頃、人気タレント・足立梨花のSNSでの荒ぶりが続き、話題となっている。

足立といえばホリプロスカウトキャラバンでグランプリを獲得した抜群のスタイルと美貌、そしてそのルックスを鼻にかけないサバサバとしたキャラクターでバラエティ番組に引っ張りだこ。スポーツ報道の仕事でも頭角を現しており、今年はピョンチャンオリンピックNHK放送サポーターとして日中午後の時間帯の中継番組に出演。またJリーグの名誉女子マネジャーの立場でもある存在だ。

そんな足立は6月28日のサッカー・ワールドカップの“日本対ポーランド戦”を観戦。自身のTwitterをリアルタイムで更新しながら応援していたが、終盤の日本がとったボール回し戦略について「いやいや、そんな試合は見たくない」と率直な意見をツイート。日本代表がセネガルをフェアプレーポイントで上回り、グループ2位で決勝トーナメント進出を果たした後も「なんというか うれしいんだけど 素直に喜べないというかなんというか 不思議な気持ちでいっぱいです」と正直な気持ちを吐露した。

しかし、足立がJリーグ名誉マネジャーを務めているということもあり、日本代表の決勝進出に水を差す発言はいかがなものかといった批判が殺到。ここで足立は意見を訂正するどころか「なんかほんとここ最近、サッカー関連でめんどくさい人多すぎ なんなの? 好きなこと呟かせてよ 嫌なら私のツイート見るなよ 返事するなよ いろんな人のいろんな見方があっていいじゃんか。めんどくさいな」と怒りのツイートをぶち上げたのだった。

実は足立がSNSで怒りを表明するにはこれが初めてではない。6月15日には自身のInstagramにて、商品を紹介するいわゆるスパムコメントに対し「まじふざけるな

おまえらのコメントのせいで ちゃんとしたコメント見れない よくわからん商品の感想を 私のコメント欄に書くな 気持ち悪い ほんとひくわー」とコメントを表示している。

これら2つの“SNS炎上”のせいで、足立が“SNS要注意タレント”としてブラックリスト入りしたと語るのは、ある大手広告代理店の営業マン。

「やはりCMは好感度が大事。いくら足立さんが正しいことを言っていたとしても、世間の反感を買ってしまったらCMタレントとしては失格です。SNSを見ていると短気なのが伝わってきますから、クライアントからは危なっかしい存在ですよね」

また、足立がこのように荒ぶっているのは、タレントにはご法度とされる、いわゆる“エゴサーチ”を頻繁に行っているからだとのウワサも浮上している。

「足立さんは今年開催された『ピョンチャンオリンピック』のNHK放送サポーターを務めていましたが、いまいち存在感が出せなかった。そんな時に“いてもいなくても変わらない”といった自身への否定的な意見に心を傷めたといいます。最近でも、NHKのロシア・ワールドカップ番組でスタジオキャスターを務める後輩タレント・佐藤美希さんが『進行が下手だ』とネットで誹謗中傷された際にすぐにかばう発言をしていますが、そこからもネットの批判的な意見に敏感なことが伺えます」(週刊誌記者)

足立は6月16日の夜、「みんなが思ってるよりテレビで喋るのって緊張するし頭ではわかってても口が動かなかったりするものですよ。私もスカパー!でマッチデーやってるころ酷すぎましたもん。でも自分でもわかってるしちゃんとやりたいのに思うようにできない。それがテレビなんです」と投稿。さらには「みんなで成長を見守りましょうよ」とも書いており、佐藤の名前は出していないものの、明らかに彼女をかばう発言をしている。

後輩をかばったり、スパムに怒ったり、自分の意見を忖度せずにツイートするなど、正義感が強く真っすぐな性格であることが伝わってくる足立。CMタレントとしては厳しいが、事務所の大先輩・和田アキ子のように唯一無二の存在感で芸能界の御意見番になる日もそう遠くはないのかも!?