石巻市とDHC 特産ホヤが縁で連携協定締結

石巻市と化粧品会社DHC(東京)は18日、地域活性化や観光振興、減災対策などに関する包括連携協定を締結した。 同社は石巻市産を含む県産ホヤを原料とした認知症予防のサプリメントを販売しており、商品を通じ石巻のホヤの知名度ア 続きを読む…

大修理終えた松島・瑞巌寺 再び久遠の時刻む

10年に及んだ「平成の大修理」を終え、24日に落慶法要が営まれる瑞巌寺(宮城県松島町)。国宝の本堂はもちろん、重要文化財の中門と御成門などの修理が進められた。 東日本大震災に見舞われた時は、本堂の解体工事の最中。幸い屋根 続きを読む…

青葉山と八木山の散策マップ制作 自然と歴史満載、東西線使い便利8コース

化石採集地として知られる竜ノ口渓谷に隔てられた仙台市青葉区の青葉山と、太白区の八木山の地域資源を掘り起こす市民団体「青葉山・八木山フットパスの会」(青葉区)が、両地区の散策マップを制作した。12日から市内の書店で販売して 続きを読む…

エアビー「観光庁の判断 理解しがたい」 民泊解約問題

民泊仲介世界最大手の米エアビーアンドビーが許認可のない民泊施設の15日以降の予約を取り消し混乱が広がっている問題で、同社のクリストファー・レヘイン公共政策責任者が12日、日本経済新聞の取材に応じた。観光庁の求めに応じた今 続きを読む…

大崎のアート一堂に 地域の13人がジバート展

大崎地方を中心に地域で活動する13人の作家の作品を集めた「JIBART(ジバート)展」が5日、大崎市古川の市民ギャラリー「緒絶(おだえ)の館」で始まった。10日まで。 絵画や彫刻などジャンルの異なる91点が並ぶ。植物や動 続きを読む…

<みちのく潮風トレイル>亘理・山元ルート 復興の道40キロ開通

東日本大震災の沿岸被災地を歩いて支援する環境省のプロジェクト「みちのく潮風トレイル」で、亘理、山元両町を通る約40キロが5日開通した。今回、尾根を歩くルートが初めて選ばれた。亘理町の尾根を歩く登山道は住民が手弁当で整備し 続きを読む…

<仙台市バス>座席に画びょう 容疑の男逮捕

仙台市バスの座席に画びょうを貼ったとして、仙台東署は5日、業務妨害の疑いで、仙台市太白区西の平2丁目、会社員掛端耕成容疑者(45)を現行犯逮捕した。 逮捕容疑は5日午後6時40分ごろ、宮城野区を走行中の「高砂市営住宅西( 続きを読む…

<貞山運河>御舟入堀 理解深める 利活用へ船上視察

江戸期から明治にかけて物資を運ぶ大動脈だった貞山運河の一つ「御舟入堀(おふねいりぼり)」の利活用を図る視察会が2日、現地であった。参加者は塩釜市のマリーナを小型船で出発して約3キロのコースを往復し、東日本大震災の傷跡や今 続きを読む…

宮城・川崎町の旧小学校体育館がワイナリーに 来月オープン

ワインの委託醸造・販売を手掛ける宮城県川崎町の「メグロー」が7月末、町内の旧支倉小の体育館を活用し、初の自社ワイナリーを開設する。試飲や食事のスペースを設け、幅広い人が集う交流拠点を目指す。県内のワイナリーは仙台市太白区 続きを読む…

<東北工大>八木山の坂ブランド化 起伏逆手に魅力アピール 30日まで地域マップ10点展示

仙台市太白区役所と区内にキャンパスがある東北工大は、八木山地区の魅力再発見をテーマにした地域マップの展示会を、同大一番町ロビー(青葉区)で開催している。坂道が多い地区の特徴を生かし、景観スポットとしてのネーミングや緑地の 続きを読む…