<東北中央道>周遊観光へ南東北連携 高まる期待

東北中央自動車道の福島大笹生(おおざそう)-米沢北インターチェンジ(IC)間が開通した4日、山形、福島両県の関係者はそれぞれ産業振興や広域観光の活性化といった効果に期待を寄せた。 米沢市の米沢八幡原IC近くであった山形県 続きを読む…

<インバウンド>「アクセス悪い」「自国カード使えない」アジア人再訪希望率、東北が最下位

日本政策投資銀行東北支店がアジアや欧米などの国と地域を対象に実施した東北インバウンド(訪日外国人旅行者)意向調査によると、アジアから東北を訪れた人の再訪希望率は56.8%にとどまり、全国の地域別で最も低かった。交通アクセ 続きを読む…

仙台空港からするっと日本三景松島、世界遺産平泉へ 観光路線バス快走

今年1月に岩手県北バス(盛岡市)が運行を始めた仙台空港と日本三景「松島」、世界遺産「平泉」を結ぶ観光路線バスが好調だ。9月の乗客数は1000人を突破して過去最高を記録した。採算ラインの月間乗客数3000人達成に向け、さま 続きを読む…

仙台朝市・東四市場に「芋煮ガーデン」 選べる仙台風と山形風、BBQと合わせて

仙台朝市の東四市場屋上に現在、「仙台朝市直結 東四芋煮ガーデン」(仙台市青葉区中央4、TEL 022-398-5153)が期間限定オープンしている。 風雨・防寒対策のカーテンの付いたテント席 「仙台朝市直結 東四ビアガー 続きを読む…

仙台市地下鉄で周遊型謎解きゲーム 東西線と南北線で、乗り換え利便性アピール

仙台市が10月1日から、仙台市地下鉄を舞台にした周遊型謎解きゲーム「WE QUEST+(ウィー・クエスト・プラス)」を開催している。 「WE QUEST」は、仙台市地下鉄の駅と沿線地域にちりばめられた謎を解き明かす周遊型 続きを読む…

訪日客の「夜遊び消費」狙え 勝負は8時から午前3時

ミュージカルに、音楽ライブやダンス。欧米では大人が深夜まで楽しめるクラブ文化が根付いている。世界でナイトタイムエコノミーと呼ばれる「夜遊び経済」を盛り上げようという機運が、日本でも高まってきた。訪日外国人客の「夜、遊べる 続きを読む…

「くりでん」運転してみない? 気動車の体験会を開催予定 栗原市

宮城県栗原市は動態保存している旧くりはら田園鉄道(2007年廃線)のディーゼル気動車「KD95」の運転体験を28日と11月18日に開催する。気動車の運転体験を行うのは県内で初めて。参加料は初回時3万円、2回目時は2万50 続きを読む…

<リボーンアート>来場者数は延べ26万人 目標上回る

宮城県石巻市の牡鹿半島を中心に開催されたアートと音楽、食の総合祭「リボーンアート・フェスティバル(RAF)2017」の実行委員会は21日、7月22日~今月10日の51日間の来場者数が目標の延べ20万人を上回る延べ約26万 続きを読む…

<政宗生誕450年>謎解き周遊型ゲーム「独眼竜の軌跡」開催

仙台藩祖伊達政宗の生誕450年を記念し、宮城県とタイトー(東京)は9日から大崎地方を会場にした周遊型ゲーム「独眼竜の軌跡」を開催する。政宗ゆかりの地を謎を解きながら巡るアドベンチャーゲームで、交流人口の拡大を狙う。 ゲー 続きを読む…