愛車のお届け、やめました 青森トヨタ、残業激減の改革

愛車のお届けは、もうやめます――。働き方改革の一環で、青森トヨタ自動車(青森市)が車検や新車の納車時に客の自宅まで車を届ける「納車引き取り(納引〈のうび〉き)」をやめたところ、従業員の残業時間が従来の5分の1になった。自 続きを読む…

10〜20代、「車買いたくない」5割超、レンタルやシェアに関心

日本自動車工業会(自工会)が9日発表した平成29年度の乗用車市場動向調査によると、車を保有していない10〜20代の社会人などのうち購入したくない層が5割を超えた。一方でレンタカーやカーシェアリングには関心を示し、車の維持 続きを読む…

現在日本で一番売れているクルマ「ホンダN-BOX」が一人勝ちする理由とは

現在日本で一番売れているクルマ「ホンダN-BOX」が一人勝ちする理由とは 投稿日: 2018年3月9日 TEXT: 渡辺陽一郎 圧倒的な室内の広さという実用性を伴うサプライズが鍵 日本車の売れ行きをカテゴリー別に見ると、 続きを読む…

日本は、ガラケーを駆逐された苦い歴史を、EV車でも繰り返すのか

世界中で「EVシフト」が加速する中、日本は明確な方向性を示すことができず、「水素社会」を目指していた頃の体制を捨て切れずに宙ぶらりんの状態が続いています。それを象徴するかのように、トヨタ、日産、ホンダの3社ら計11社が5 続きを読む…

新車販売「N―BOX」が首位に ホンダ車は15年ぶり

2017年に国内で最も売れた新車はホンダの軽自動車「N(エヌ)―BOX(ボックス)」だった。同年9月に全面改良した2代目が好調で、前年比17・2%増の21万8478台だった。ホンダ車が1位となったのは、02年の小型車「フ 続きを読む…