<基準地価>仙台上昇続く 住宅地5.2%商業地8.7%

国土交通省が19日発表した7月1日現在の都道府県地価(基準地価)は、地下鉄東西線開業や駅前再開発の影響で仙台市が住宅地で5.2%、商業地で8.7%前年を上回った。福島県は東京電力福島第1原発事故に伴う移転需要がピークを過 続きを読む…

都市部のマンション売って田舎に住む、は最悪の選択

「田舎へ移住」の悲惨な末路 長い勤め人生活を終えて、老後は気ままに暮らしたい。それに合わせ住まいも移りたいという人は多い。だが、安易な住み替えほど、人生の設計図を狂わせるものはない。 「最悪の住み替えのパターンは、もとも 続きを読む…

<地方銀>アパート融資の貸出残高最大 相続税対策に対応

個人が建設する賃貸住宅への地方銀行の融資残高が、2017年3月末時点で前年比7.2%増の13.8兆円に膨らみ、日銀による09年の統計開始以降で最大となった。地方経済の縮小や超低金利で企業向け融資の収益が低迷する中、相続税 続きを読む…

不便で見栄っ張りなネーミング 「銀座」広げるマンション業界の悪習

【マンション業界の秘密】 マンション業界には冷静に考えると滑稽に思える悪習がいくつかある。 その1つに「名称に凝る」というのがある。物件がよさそうに見える名前をつけると販売がスムーズに進むと信じているのだ。 例えば、すで 続きを読む…

<仙台市>新補助金 大規模団地と西部活性化

人口減少や高齢化が進む仙台市の郊外住宅地と西部地区の活性化を目指し、市は本年度、地域住民が企業や大学と連携し、主体的にコミュニティー強化などの課題解決を図るプロジェクトに乗りだす。地域まちづくりを後押しする補助制度を新設 続きを読む…

<公示地価>トップ10に仙台東西線沿線7地点

21日発表された公示地価(1月1日現在)で、住宅地上昇率の全国上位10地点に、仙台市地下鉄東西線(2015年12月に開業)の沿線7地点が入った。仙台駅から東の薬師堂、連坊、卸町の各駅周辺が1~4位を独占するなど、計6地点 続きを読む…

積み上がる新築マンションの在庫に悲鳴 年度末に向けて値引きのチャンス

【マンション業界の秘密】新築マンションの販売状況については、それを専門に調査する会社がいくつかある。毎月のように販売戸数や売れ行きについての数字が発表されるが、それを実数だと思っている業界関係者はいない。なぜなら、それら 続きを読む…