第一章 アドプロという会社

 「お電話変わりました、八木です。はい、今日の6時ですね。よろしくお願いします。」。  僕は従業員数では大手製作プロダクションの範疇に入る会社、アドプロに勤務するコピーライター。たった今、取引先である佐々木広告社から、仕 続きを読む…

一人の女性社員の退職について

 檜木さんは佐々木広告社の業務部に席をおく、二十才でちょっと小太りのかわいい女性だった。その檜木さんが突然会社に来なくなってしまったのだ。僕は若い奴だから後でひょっこり現れるんだろうと気にもとめずにいた。   「八木さん 続きを読む…

この会社は今まで何をしていたんだ?

 入社してもう一つ驚いたことはワープロがない事だった。僕は新田自動車の仕事の関係上、企画書を作ることが大変多かった。しかし、この会社にはワープロはない。今までこの会社はどんなことをして来ためであろうか。企画書を作ったこと 続きを読む…

大松副部長、酒酔い運転でクラッシュ

 その目は、朝から何か騒がしい日だった。千田部長のところが何やら騒がしい。社長が荒々しい声で千田部長と大松副部長を社長室に呼び付ける。社長室からは社長のどなり声が1時間以ト続く。社長室から出で来た3入は、急いで車に乗って 続きを読む…

そんなものには偏されないぞ、と・・・。

 残暑がつつく暑い日であった。曽田君が自分のスボンサーであるTハウスの分譲の件で企画などを頼みたいと、千田部長から話があった。僕は早速打ち合わせを始めた。曽田君はちょっと頼りない感じのする、今年二年目の新人で、ちょっとT 続きを読む…

結婚式のスピーチで・・・

 7月のとある日、新藤くんから一枚の招待状をもらった。それは彼の結婚式の披露宴の招待状であった。新藤くんは28歳で根掘部長の部の中堅営業マンで。彼は高校の頃から付き合っていた同級生の娘と結婚するそうである。ちなみに彼女は 続きを読む…

なぞの1億円ゴルフ企画

 社長と根堀部長に呼ばれて僕は社長室にいった。その仕事は壮大な規模であった。何とゴルフ場7つのCI計画を作れというものである。僕には到底できそうもない壮大な仕事であった。たが、よく聞いてみると適当でもいいから、見た目を立 続きを読む…

太田くんには気をつけなさい

 この会社は基本的に営業主体の会社であるから、朝、営業の人達が出掛けると会社には、社長と経理部の人と業務部の人と製作の僕しかいなくなる。僕は仕事柄、業務の人達とは会話する機会が多く、結構和気あいあいに仕事をしていた。そん 続きを読む…