“不倫叩き”はなぜ快感なのか? 脳科学者が解き明かす、芸能界の不思議

2016年に「週刊文春」がベッキーの不倫を報じて以来、著名人の不倫が立て続けにニュースになり、そのつど「不倫叩き」がおこなわれています。つい先日も、不倫が報じられていた今井絵理子議員が「交際宣言」をした途端、猛烈なバッシ 続きを読む…

在日米軍基地、韓国人の立ち入りを厳格化 事前審査を義務づけ

【ワシントン=黒瀬悦成】米軍準機関紙「スターズ・アンド・ストライプス」は15日、在日米軍が日本国内の米軍基地を訪れる韓国人に対して事前審査を義務づける新指針を導入したと伝えた。 在日米軍は、北朝鮮や中国、ロシア、イランや 続きを読む…

<宮城観光キャンペーン>消費など波及限定的、入り込み数3%増加 「夏」一定の効果、課題も

宮城県が人気アイドルグループを起用し、第2弾の「ふ湯タビ宮城」を15日にスタートさせた通年観光キャンペーン。9月末で終了した第1弾の「夏タビ宮城」は、沿岸部を中心に一定の効果があった一方、肩透かしを食った地域や施設もあっ 続きを読む…

<宮城観光キャンペーン>Hey!Say!JUMP 秋冬向け第2弾は食と湯巡り 動画で秋保や鳴子の魅力発信

宮城県と人気アイドルグループ「Hey!Say!JUMP」が展開する通年観光キャンペーンで、秋冬向けの第2弾「ふ湯タビ宮城」が15日、始まった。県内各地の温泉や食の魅力を前面に押し出す。メンバーが登場する動画を配信するなど 続きを読む…

<仙台市>「脱メタボ」へ市民歩数アップあの手この手 役所階段に標語、表示板設置へ補助

仙台市が市民の歩数アップに向け、あの手この手を繰り出している。市内の成人は男女とも平均歩数が全国平均を3割も下回る。市役所の階段に標語を掲示したほか、街中の歩数表示板設置への補助や街歩きマップ作りを通し、歩く習慣の意識付 続きを読む…

<気仙沼のほぼ日>来年11月閉鎖へ 糸井重里氏「人と人との関係は続く」

東日本大震災の被災地支援の一環で、コピーライター糸井重里氏が手掛けるウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」が気仙沼市に設けた支社「気仙沼のほぼ日」が2019年11月1日に閉鎖されることが15日、分かった。運営会社「ほぼ日」が 続きを読む…

都道府県の魅力度ランキング2018が発表、1位は10年連続の北海道

ブランド総合研究所は15日、47都道府県と1000市区町村を対象にした「地域ブランド調査2018」の結果を発表した。この調査は、各地域に対して魅力度や認知度、イメージなど全84項目の設問を設け、地域のブランド力を「魅力」 続きを読む…

菊川怜がミニスカでスマホに座り「だぁ~い好き!」ソフトバンクがハズキルーペCMをパロディ

ハズキルーペのCMで一躍「レジェンド」と呼ばれるようになった女優・菊川怜さん。強度を見せるため、ミニスカでルーペの上に座る姿と棒すぎる演技はネット上で大きな反響を呼んだ。 新バージョンでは武井咲さんが起用されている本CM 続きを読む…