個人的に気になること

色々なものが雑多にファイリングされています。

遺品整理の事業をやるには

calendar

■市場性

需要が増えている遺品整理業界

” src=”file:///C:/Users/OYAJIS~1/AppData/Local/Temp/msohtmlclip1/01/clip_image001.png” v:shapes=”図_x0020_7″>遺品整理は近年利用する方が増加しています。高齢化社会や核家族化が進み家族だけで片付けるのが困難になってきています。またこれからも需要が伸びると予想されています。遺品整理業者は増えていくことでしょう。

 

 

 

 

■大手VS中小

大手は2つの派閥があり、一般社団法人遺品整理士認定協会の「遺品整理士」と一般社団法人遺品整理士認定協会「遺品査定士」の任意資格があるが、基本は同じ人たちがやっている。

協会ではFCをやっており、ちゃんとしたマニュアルで全国統一的な展開をしている。

 

一般社団法人遺品整理士認定協会「遺品整理士」 http://www.is-mind.org/

一般社団法人遺品整理士認定協会「遺品査定士」 http://is-am.org/

 

これ以外の会社は中小企業となるのでは?。

 

■開業に向けて

各種許認可が必要となります。

廃棄物処理業や引越業など、遺品整理に参入している会社は近年増えています。孤独死や身内のいない単身者が多くなってきたため、遺品整理サービスを利用するケースも増えているのです。では遺品整理業の開業方法とは、どのようなものでしょうか?留意すべき点は、地域で各種許認可を受けなければならないということです。まず市町村単位の一般廃棄物収集運搬業許可、また都道府県や政令都市単位の産業廃棄物収集運搬業許可などがあります。また、遺品に買い取れるものがあれば買取り、販売する場合には古物商の許可も必要となります。そのほか廃棄物保管許可や家電リサイクル券取扱店舗登録など、様々な認可もあります。一般社団法人遺品整理士認定協会では、遺品整理士の資格を取得することも出来、取得後には開業支援も行われています。

■遺品整理業を開業するときは、助成金が貰える場合があります。

遺品整理業は信頼が第一ですので、まずは、廃棄物処理法、家電リサイクル法をしっかりと理解しながら、開業準備を進めていく必要があります。独立開業は特別なことではありません。思いがあれば、誰にでもできることです。遺品整理業を開業するにあたり、助成金が受け取れる場合があります。多額の助成金が出るにも関わらず、少し相談に行くのが遅かったために、間に合わなかったケースもあります。遺品整理業を開業するときは、労務士事務所へ行って、助成金の相談をしてみることです。助成金の貰い忘れを防ぐためにも、開業することが決まったら、早めに相談に行くことをおすすめします。遺品整理業は、今需要がかなり増えていますので、助成金を貰えれば、賢くお得に開業することができます。

■必要な資格

産業廃棄物収集運搬業許可

古物商許可
■資格の取得方法

誰でも受験資格あり!遺品整理士の資格取得方法

「遺品整理士」の資格取得方法は、「遺品整理士認定協会」の認定試験に合格することです。基本として誰でも受験することができます。最初に「遺品整理士認定協会」のホームページで申し込みをします。受講の申し込みをすると、遺品整理について学べる教本、資料集、DVDが送られてきます。その後、資格試験までに2ヶ月間の講義を受けることになります。そして受講の終わりに合否の判定をするレポートを提出します。それから約2か月後に合格通知が届き、認定手続きをします。認定証書が発行されると、「遺品整理士」として仕事をすることができるようになります。

 

遺品整理士の養成講座について

遺品整理士とは亡くなった方が残した持ち物や家具などの整理をする専門家の資格です。亡くなった方の持ち物が少ない場合の遺品を整理することは難しくありません。しかし現代はものが豊富にあるため、持ち物を多く持っている方が亡くなった場合、家族だけで遺品を整理することは大変な場合が多いようです。そのため遺品整理士などの専門家や業者に依頼する方が増えています。

 

遺品整理士の養成講座にかかる期間と費用

遺品整理士の資格は2011年に作られた歴史の浅い資格で、遺品整理士認定協会が認定する民間資格です。そのためこの資格がなければ遺品を整理することができないという訳ではありません。しかし遺品整理についての知識を持っていることによって、遺品整理の仕方に差が出てきますし、葬儀社や遺品整理を専門に行っている会社では資格のある人のほうが就職に有利なので 遺品整理を仕事として行いたい方はこの資格を取っておくとよいでしょう。資格を習得するための流れは、まず遺品整理士認定協会が主催する「遺品整理士養成講座受講申し込み」(入会金25,000円、会費5,000円2年間有効)を行い、受講します。この講座では遺品に接するときの心構えや遺族への対応、産業廃棄物など廃棄物処理の法律について勉強します。この講座は通常2ヶ月で終了し、その後課題試験があります。この試験に合格したら、遺品整理士の資格を得られるようになっています。

 

■仙台の大手

http://cyoka-s.com/

クヨカサービス仙台本店

遺品整理・特殊清掃・消臭除菌のことならお任せください。
〒980-0011 仙台市青葉区上杉1-16-3 JAビル別館5階
TEL.022-393-7920 / FAX.022-393-6151

FCあり

 

エムライフ

http://m-life.co.jp/

会社名 えむライフ株式会社
本社所在地 〒984-0003  宮城県仙台市若林区六丁の目北町15-69

 

クマダ

http://www.kk-kumada.com/

会社名 株式会社 クマダ

 

ソナエ

http://sonae.life/a/

運営会社 株式会社7Rコンサルト
資本金 10,000,000円
屋号 生前・遺品整理ソナエ
本社 〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島5-11-9

 

遺品整理プログレス

会社名 株式会社プログレス
  • 【宮城県】〒981-1222
    宮城県名取市上余田千刈田509-1

 

スマイルライフみやぎ

http://smilelife-miyagi.com/

運営会社              株式会社ソラフネ

商号       スマイルライフみやぎ

一般社団法人 遺品整理士認定協会 宮城県第一号遺品整理士認定 第IS 01017号

一般社団法人 終活カウンセラー協会 終活カウンセラー認定

住所       オフィス 宮城県仙台市宮城野区鶴ケ谷東4丁目7-7-1F

事務局 宮城県仙台市青葉区国分町2丁目2-2 モントレール内

電話番号              022-352-3670

 

遺品整理プログレス

会社名 株式会社プログレス

http://www.ihinseiri-progress.com/

 

■運営

どこも判で押したように、WEBor電話からの申込みで支払いはクレジットカード

殆どの会社はWEB広告を出稿

遺品整理優良企業とは、「遺品整理士」の資格認定を受け、遺品整理業界の健全化に取り組み、適正業務を行っている。法規制を守り、遺品整理業を真摯に行っている。