個人的に気になること

色々なものが雑多にファイリングされています。

「サッポロビール仙台工場」にスープ製造工場新設 年間160万ケース生産

calendar

ポッカサッポロフード&ビバレッジ(愛知県名古屋市)は10月10日、報道関係者を対象に「ポッカサッポロフード&ビバレッジ仙台工場」(名取市)の工場見学会を開いた。

工場で生産されるカップ入りスープ3商品

 同社によると近年、簡便化や個食化など多様化する食生活や「小腹満たし」などのニーズを背景に、インスタントスープ市場は堅調に伸長。2000(平成12)年からの約20年で1.9倍に拡大した。 [広告]

 1980(昭和55)年に缶入りスープを発売し、翌1981(昭和56)年に粉末インスタントスープでスープ市場に本格的に参入した同社は、食文化やライフスタイルの変化に対応しながらスープ事業の拡大を図ってきた。スープ事業のさらなる成長を目指し、名古屋、群馬、静岡に続き4つ目のスープ生産拠点となる仙台工場を約26億円かけて新設。8月28日に完工し稼働を始めた。

 見学会でお披露目された仙台工場の延べ床面積は3200平方メートル。サッポロビール仙台工場内の遊休スペースを活用し、カップ入りスープの製造設備および粉末スープ顆粒原料の造粒設備を設置。生産能力は年160万ケース(1ケースは24個入り換算)で、同社全体の生産能力を1.5倍に伸ばす。

 現在、「じっくりコトコト こんがりパン クリーミークラムチャウダー」「じっくりコトコト こんがりパン 完熟かぼちゃポタージュ」「じっくりコトコト こんがりパン じゃがバターポタージュ」の3商品を24時間稼働で製造している。ポッカサッポロフード&ビバレッジ兼サッポロビール仙台工場長の佐藤雅志さんは「スープとお酒を同じところで作るのは非常に珍しく、業界初のビールとスープのハイブリッド工場として位置付けしている」と話す。

 ポッカサッポロフード&ビバレッジのスープ食品事業部長、黒柳伸治さんは「サッポロビール仙台工場のインフラを使いながら、酒と食の技術知見の融合を図っていきたい。東北エリアに拠点を構えることによって、東北地区で愛されるブランドを目指したい」と意気込む。