個人的に気になること

色々なものが雑多にファイリングされています。

頭痛持ちは「オリーブオイル」と「中華料理」を控えたほうがいいワケ

calendar

日本人の多くが悩んでいる頭痛。日本には正確な統計はないが、5人に1人が頭痛持ちだと推定されている。多くの人が慢性的な頭痛に悩んでいるにも関わらず、医療現場でも「命に別状はないから」と軽視される傾向にあり、痛み止めが処方されて終わり、ということも少なくない。そのため、病院にかからず、市販薬でなんとか痛みをごまかしながら過ごしている人も多いという。

スポンサーリンク

日本で840万人が悩んでいる「片頭痛」

「ポピュラーな病気であるにも関わらず、自身の頭痛の原因は何なのか、どうすれば予防できるのか、しっかり理解できている人はほとんどいません」

 そう語るのは、東京女子医科大学病院脳神経センター頭痛外来客員教授の清水俊彦医師だ。

「慢性的に起こる頭痛には、緊張型頭痛や群発頭痛などがありますが、その代表格が片頭痛で、特に女性に多い病気です。日本では約840万人もの人が悩んでいると言われています。

 片頭痛持ちの人の特徴をひと言で言うと、通常の人よりも敏感な脳の持ち主であるということ。まぶしいところを嫌い、うるさい音や強い匂いに敏感に反応して、脳が異常に興奮し、これを痛みに変え、頭痛を引き起こします。それ以外にも、片頭痛持ちの人は、気圧や気温、環境の変化、女性の場合だと月経をはじめとする女性ホルモンの変化にも敏感に反応します。例えば、低気圧が近づいたり、月経の前後になると頭痛が起こるという具合です。

 というのも、片頭痛は、脳の血管の周囲にある三叉神経という痛みのセンサーが刺激されることで起こるのですが、ストレスや疲労、月経などで脳内のセロトニンの分泌が増減する結果、脳の血管が急激に拡張することでも三叉神経が刺激されますし、また、気圧が下がったときは、人間の体は微妙にむくむため、脳の血管もむくみ三叉神経も刺激されます。つまり、頭痛のない人に比べて、片頭痛を持つ人の脳は過敏で興奮性が高い、すなわち脳の働きがよすぎるとも言え、その働きがあまりにも度を越してしまったときに頭痛という痛みが危険信号となって現れるのです」

なぜオリーブオイルは“逆効果”なのか?

 この興奮状態が慢性的に続いてしまうと、脳過敏症候群というさらに厄介な症状を起こす可能性もある。

「興奮状態が脳にこびりつき、痛みがなくなっても、耳鳴り(頭鳴)や浮動性のめまいなどの諸症状を引き起こすようになった状態を脳過敏症候群と呼びます。『頭の中でセミが1000匹鳴いている』『頭の中で誰かが太鼓を叩いている』と例えるほど激しい音が聞こえる耳鳴りやしつこいめまい、抑うつ、不眠、不安障害などの辛い症状が起こる病気です。長期間、片頭痛の適切な治療を受けずに我慢してきた40代以上の人に多く見られます。こうなる前に適切な治療を受けることはもちろん重要ですが、普段の生活でも脳を刺激しないような工夫をしていくことが大切です」

 脳を刺激しないための工夫として、陽光や、PCやスマホの画面が発するブルーライトに眼を過剰にさらさないこと、映画館やゲームセンター、人混みなどの騒音のある場所は避けること、香りの強い香水や柔軟剤は使わないことなどがあるが、特に注意したいのが食事だという。

「一般的に『健康にいい』と言われる食品が、実は片頭痛には逆効果であることもあります。そのひとつがオリーブオイル。オリーブオイルにはポリフェノールが含まれていて、血管を拡げ、血行を促進する作用があるため健康にいい食材とされています。しかし、血管を拡げることは、前述した通り、脳血管を拡張させ、周囲の三叉神経を刺激して症状を悪化させることになりかねません。その他にも赤ワインやチョコレート、チーズ、柑橘系のフルーツは血管を拡張させるチラミンという物質が多量に含まれていますし、ハムやサラミ、ソーセージなどに使われている亜鉛酸ナトリウムにも血管拡張作用があります。そのため、イタリアンでの食事には要注意です。オリーブオイルをたっぷり使った魚介類のマリネに、赤ワインを飲みながらチーズをたっぷり使ったパスタ、オリーブオイルをふんだんに使ってこんがり焼いた仔牛のロースト、デザートは地中海のオレンジを使ったシャーベット……。とても美味しそうなメニューですが、片頭痛持ちの人や脳過敏症候群の人が食べれば、ほぼ間違いなく痛みや諸症状を悪化させるでしょう」

脳の血管を拡げてしまう中華料理

 そして、さらに気をつけたいのが中華だと言う。

「中華料理では、うま味調味料が多く使われますが、これもまた脳の血管を拡げてしまう元凶です。欧米では、中華料理を食べ始めると1時間もしないうちに頭が痛くなり、食事の途中でも帰ってしまうような人々のことを『Chinese restaurant syndrome(中華料理店症候群)』と呼んでいます。こうした食材や料理は、絶対にNGというわけではありませんが、気圧が下がってきたときや月経の前後など、脳血管が拡張しやすいときには避けるようにし、普段も一度に食べる量や食べる回数を控えるようにしていきましょう。

 慢性的に頭痛がある人は、和食がおすすめです。和食には、魚介類や大豆製品など、神経細胞の異常な興奮を抑えることで片頭痛に予防効果のあるビタミンB2や、脳血管を安定させる効果のあるマグネシウム、さらに食物繊維を多く含む食材が揃っています。また、コーヒーや紅茶に含まれるカフェインには、血管を収縮させる働きがあるため、片頭痛対策に役立ちます。『痛くなりそう』と思ったときに早めにカフェインを摂ることは、予防手段のひとつとして覚えておくとよいでしょう」

 いわゆる「慢性頭痛」は三つに分類できるという。あなたの頭痛はどのタイプだろうか。各タイプの特徴を詳細に紹介した清水医師のインタビュー「 脳の『過剰な興奮』が痛みを起こす 」は、「文藝春秋」12月号および「文藝春秋digital」に掲載されている。