個人的に気になること

色々なものが雑多にファイリングされています。

Facebookショップ、日本で開始。無料でオンラインショップを作成可能

calendar

Facebookは、カスタマイズ可能なオンラインショップを無料で作成し、Facebookが提供するアプリで公開できる「Facebookショップ」の、日本国内での提供を6月16日に開始した。

Facebookショップを利用する事業者は、自社のおすすめ商品のコレクションの作成や、画面の色の変更によるブランドイメージに合わせた表現が可能。ビジネスの規模や予算に関係なくオンライン事業を始められるとしている。

消費者は、事業者のFacebookページやInstagramのビジネスプロフィール、あるいはストーリーズや広告からFacebookショップにアクセス。コレクションを見て、興味のある商品の保存や注文が可能。注文すると事業者が保有するアプリ外のWebサイトに遷移し、商品を購入できる。

事業者と消費者がコミュニケーションを取れることも特徴に挙げており、WhatsAppやMessenger、Instagramダイレクトを通じて、質問やサポート、配達の追跡ができるという。将来的には、WhatsAppやMessenger、Instagramダイレクトのチャット内でショップを見て、購入可能になるとしている。

すでにFacebookページショップやInstagramのショッピング機能を利用している事業者は自動的にショップに移行。メールやアプリ内の通知を受け取り次第、コマースマネージャを通じてショップ外観のカスタマイズや、コレクション作成ができるようになる。

使用に当たっての条件を満たし、Facebookによる審査で承認されれば、無料でショップを作成できる。今後数カ月をかけてより多くの事業者や消費者が利用できるようになるとしている。

Facebookでは、ショップ機能の利便性向上を図り、「Instagramショップ」や「ライブショッピング」など、提供するアプリ全体において投資を進める。

Instagramショップ機能は、今夏より米国にて導入。ショッピング機能を活用しているブランドを紹介する公式アカウントや、ブランドやクリエイターが選んだ商品を見たり、美容やインテリアなどカテゴリ別のアイテム探し、商品購入が、すべてInstagramショップ内で可能とする。

ライブショッピング機能は、これまで商品を効果的に紹介するためにライブ動画が活用されてきたという流れを受けて導入を計画。事業者やブランド、クリエイターは、ライブ配信前にFacebookショップ上のカタログから商品をタグ付けできるようになる。

タグ付けされた商品はライブ動画の画面下部に表示。消費者はこの表示をタップして、詳細確認や購入に進める。

ライブショッピング機能は現在、一部の事業者とFacebookおよびInstagram上でテストを実施。今後数カ月以内に広く展開するとしている。

そのほか、ロイヤリティプログラムをFacebookアカウントと連携する方法をテストしている。例えば地元のカフェのポイント券のようなロイヤリティプログラムについて、消費者は自分が獲得したポイントや特典を、この機能を通じて確認できる。事業者がFacebookショップでロイヤリティプログラムを作成、管理、公開できる方法も検討している。

Facebookでは機能拡充のほか、BASEやEC Cube、Shopify、STORES.jpなどのパートナー企業と連携。店舗の営業時間の短縮や自粛に伴い、多くの事業者が軸足をオンラインへシフトしようとしている中で、オンライン事業に役立つツールを提供する企業と連携することで、事業者がFacebookショップを作成し、事業を成長させる上で、重要な役割を担うとしている。