個人的に気になること

色々なものが雑多にファイリングされています。

興和が首位、2021年正月テレビCM本数 出演者上位は橋本環奈・ももクロ・大泉洋

calendar

ビデオリサーチは5日、2021年の正月の三が日に関東地区で放映されたテレビCMの動向を発表した。企業別のCM本数のトップ3は前年の同調査と同じく、興和、ダイハツ工業、スズキという結果に。タレント別では橋本環奈、ももいろクローバーZ、大泉洋がトップ3となった。

 
本データは同社グループのビデオリサーチコムハウスが、関東・関西・名古屋地区におけるテレビCMのオンエア状況を調査している「テレビ広告統計」のデータを元に、2021年1月1日午前0時~1月4日午前0時に関東地区(日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、フジテレビ)でオンエアされたCMについてまとめた(速報値)。

今年の正月三が日では、企業数で610社、CM本数で1万1568本のテレビCMが関東地区で放映され、2020年の625社・1万1572本から企業数は微減となったが本数は横ばいとなった。

スポンサーリンク

企業別は興和・ダイハツ工業・スズキがトップ3

企業別では、興和が前年に続き首位に。2位のダイハツ工業、3位のスズキも前年同様の順位だった。自動車メーカーでは、前年118位だったが日産自動車が6位となり前年より大幅に出稿本数を伸ばした。また、前年ではトップ10圏外だったソフトバンクが7位(前年37位)、KDDIが8位(同109位)となるなど、大手携帯キャリアがトップ10入りした。 https://www.youtube.com/embed/n7obeLkqmm8

<企業別 テレビCM本数>
1位 興和(464本・6960秒)
2位 ダイハツ工業(412本・6180秒)
3位 スズキ(228本・3840秒)
4位 ダイキン工業(147本・4410秒)
5位 アップルジャパン(144本・2355秒)
6位 日産自動車(142本・4005秒)
7位 ソフトバンク(136本・2295秒)
8位 KDDI(128本・2985秒)
9位 スクウェア・エニックス(126本・1890秒)
10位 ユーキャン(118本・2610秒)

商品・サービス別のトップ3はダイキン・アップル・スクエニ

商品・サービス別では、ダイキン工業(前年4位)のCMが最も多く出稿された。2位にはアップルジャパン(同15位)がランクインした。また、年始からオンエア開始された「スクウェア・エニックス オクトパストラベラ-大陸の覇者」が3位に、10位には「ディー・エヌ・エー 逆転オセロニア」(前年37位)が前年からランクアップするなど、オンラインゲーム関連がトップ10入りしている。 https://www.youtube.com/embed/hino6wSmJPA

<商品・サービス別 テレビCM本数>
1位 ダイキン工業(147本・4410秒)
2位 アップルジャパン(131本・1965秒)
3位 スクウェア・エニックス オクトパストラベラー 大陸の覇者(120本・1800秒)
4位 リクルート住まいカンパニー SUUMO製品(113本・1695秒)
5位 ダイハツ Tanto CUSTOM(99本・1485秒)
6位 アマゾンジャパン(91本・1515秒)
7位 コーワ キャベジンコーワα(88本・1320秒)
7位 住宅情報館(88本・1320秒)
9位 J&J ワンデーアキュビューオアシス(87本・1305秒)
10位 コ-ワ バンテリンコーワパットEX(86本・1290秒)
10位 ディー・エヌ・エー 逆転オセロニア(86本・1290秒)

タレント別のトップ3は橋本環奈・ももクロ・大泉洋

タレント別では、住宅情報館やBookLive!などのCMに出演する橋本環奈がトップに。前年はトップ20圏外だったが、本数が大幅に増加した。2位は、「スズキ スペ-シア」などのCMに出演していたももいろクローバーZ(前年1位)、3位は「ダイハツ Tanto CUSTOM」などのCMに出演しNHK紅白歌合戦の白組司会も務めた大泉洋(同6位)となった。 https://www.youtube.com/embed/0iGyFLTp4OA

<タレント別 テレビCM出演本数>
1位 橋本環奈(267本・4395秒)
2位 ももいろクローバーZ(228本・3840秒)
3位 大泉洋(205本・3105秒)
4位 米倉涼子(174本・2925秒)
5位 中川大志(156本・2655秒)
6位 竹内涼真(149本・2280秒)
7位 芦田愛菜(140本・2265秒)
8位 堺雅人(139本・3300秒)
8位 窪田正孝(139本・2085秒)
10位 中条あやみ(132本・2025秒)