個人的に気になること

色々なものが雑多にファイリングされています。

世帯年収300万円台のリアル「昼食は200~300円で済ませ、夕食は500~1000円程度です」

calendar

世の中には「今の暮らしに満足していない」という人もいる。そのような声は、世帯年収300万円台のキャリコネニュース読者に多く見受けられた。青森県の40代男性は、

「夫婦2人暮らし。『ただ生きている』感じ」(不動産・建設系/世帯年収390万円)

と虚しく語る。大阪府の40代女性(世帯年収300万円)も、現状に不満を抱える1人だ。(文:鹿賀大資)

スポンサーリンク

「結婚して支出が増えたので、収入とのバランスがまったく取れません」

「昨年、結婚しました」と語る女性。楽しいはずの新婚生活は、家計のやりくりに苦戦する毎日だ。女性は「予想以上に夫の給料が低くて」と切り出す。

「毎月ギリギリです。結婚して支出が増えたので、収入とのバランスがまったく取れません。毎月の支払いがしんどいため、保険料や通信費などを見直しているところです」

婚前は未婚の母として子ども1人を育てていたが、実家暮らしや行政支援のおかげで「パートで普通に生活できていました」と振り返る。女性のワークスタイルは現在も変わっていない。まさか結婚が原因で生活苦に陥るとは、想像もしなかっただろう。

「貯金はボーナスのみなので、年間50万円ほどしかたまりません」

年収300万円台の独身者はどうだろうか。栃木県の40代男性(流通・小売系/年収390万円)は離婚経験があり、「子どもの養育費で首が回らない」と肩を落とす。また「経済的に再婚はできない」とも述べている。

北海道の30代独身男性(その他/年収300万円)は「税金や社会保険料で毎月5万円以上も引かれているから、手取りが少ない」と嘆く。今後の増税に対する懸念もあり、「結婚なんか無理」と悲観する。

北海道の50代男性(サービス系/年収300万円)も「他人の年収を聞けば嫌になる。結婚は諦めた」と述べつつ、現在の生活状況については「贅沢をしなければ生きていける」とコメント。愛知県の20代女性(流通・小売系/年収300万円)も「1人暮らしですが、今は何不自由なく過ごしています」と家計状況を明かす。女性は、

「家賃は駐車場代や管理費などを含めて7万円弱。昼食は200~300円、夕食は500~1000円程度で済ませる感じです。趣味に使うのは月2~3万円くらい。またボーナスには手をつけず、全額を貯金に回しています。貯金はボーナスのみなので、年間50万円ほどしかたまりません」

といい、「将来のことを考えると不安が尽きません」と綴っている。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」や「男だから」「女だから」自分の性別がマイナスになっていると感じたことなどのアンケートを実施しています。