個人的に気になること

色々なものが雑多にファイリングされています。

20年産米食味ランキング、最上位「特A」東北は13柄減 長雨影響で3銘柄減

calendar

日本穀物検定協会(東京)は4日、2020年産米の食味ランキングを発表した。東北は宮城、山形産のつや姫、福島産コシヒカリなど13銘柄が5段階評価で最上位の「特A」を獲得した。前年に比べ3銘柄減り、岩手、宮城産のひとめぼれ、秋田産あきたこまちといった各県主力品種の評価が下がった。協会は梅雨時期の長雨による日照不足が影響したとみている。
 東北の特A銘柄米は表の通りで、山形(庄内)産雪若丸が初めて獲得した。山形(最上)産はえぬきは5年ぶり、福島(会津)産ひとめぼれは2年ぶりに、上から2番目の「A」から特Aに返り咲いた。
 19年産で上から3番目の「Aダッシュ」だった秋田(県北)産あきたこまち、福島(全域)産天のつぶはAに上がり、20年産は全てA以上を獲得した。
 協会の伊藤健一理事長は「夏場の晴天続きで作柄は取り戻せたが、食味には響いた」と推測。20年産が全てA以上だったことに関しては「米どころとして食味向上に熱心に取り組んでおり、全体として底上げされた」と評価した。
 20年産米の食味ランキングは、全国の154銘柄(前年比1銘柄減)を対象に試験を実施。特Aは前年比1減の53銘柄で、過去最多の18年産55銘柄、19年産54銘柄と同水準を維持。Aは4増の77銘柄、Aダッシュは4減の24銘柄だった。

2021年03月05日 06:00

2020年産東北の特A銘柄米