個人的に気になること

色々なものが雑多にファイリングされています。

「株式会社TOKIO」サイト立ち上げ 手作りこだわり、名刺もロゴも木 城島社長「世界に発信」

calendar

TOKIOの長瀬智也(42)が31日をもってジャニーズ事務所を退所した。同日、フジテレビで放送された「TOKIOカケル」(水曜後11・00)でファンに向けて“最後のあいさつ”をした。一方、3人組となったTOKIOは昨年7月に設立した「株式会社TOKIO」の公式サイトを立ち上げ、新たな一歩を踏み出した。 【写真】すごい!城島社長の株式会社TOKIOの木製名刺  「株式会社TOKIO」の社長を務める城島茂(50)は、同社の本格始動にあたり「世界に発信する株式会社TOKIOを目指す」と意気込んだ。国分太一(46)と松岡昌宏(44)は副社長として城島を支えていく。  会社の第一歩として1日午前0時に企業サイトを立ち上げ。TOKIOの第二の故郷である福島や、東京・日本橋で撮影した紹介動画を公開した。日本橋での撮影は、東京の中心で新たな一歩を踏み出す意志を示した。  また、ロゴや名刺を作成。ロゴは、メンバーを象徴する3本の木を赤い絆で結んだデザインとなっている。  同社は手作りをモットーとしていることから、木製名刺を自分たちでデザインや木の伐採、加工まで行い制作。表にはメンバーの名前と役職、裏にはTOKIOロゴを印刷。赤い結び目部分にはメンバー自ら色を入れるこだわりようだ。  厚さは12ミリと、紙製の名刺と比較すると少し厚め。同社は「その厚みこそがTOKIOの歴史の象徴のようにも感じています」としている。  本格始動にあたり、同社で企画を務める国分は「アイデアを形にして、この手を働かせて、ワクワクを一緒にいっぱいつくっていきましょう」と抱負。松岡は、ありのままのTOKIOを知ってもらいたいと広報に就任。「自分らしく皆さまにこれからのTOKIOをお伝えしていきたい」と誓った。  また、福島県庁内に「TOKIO課」が1日から設置されることも発表。これまでさまざまな現場での出会いや体験したことを生かし、県と連携して福島の復興を応援する施策を考案していく。  94年のデビューから27年。さまざまなことに挑戦してきたグループは、株式会社TOKIOという新たな形で前進していく。