個人的に気になること

色々なものが雑多にファイリングされています。

堀江貴文「家を買うな、保険に入るな、会社にしがみつくな」

calendar

いまの日本人は、どうすれば幸せになれるのか。実業家の堀江貴文氏は「組織は信頼できるものではなくなった。今こそ、安心を積み上げるより、やりたいことをたくさんやるべきだ」という――。

※本稿は、堀江貴文『非常識に生きる』(小学館集英社プロダクション)の一部を再編集したものです。

■「手取り14万、日本終わってる……」引用リツイートで大炎上

2019年の秋、あるサイトにアラフォーだという匿名女性が「手取り14万円です……。何も贅沢できない生活。日本終わってますよね?」という投稿を上げた。

同じような境遇の人はたくさんいるらしく、ニュースサイトでまとめられ、そのときのSNSは共感の声で埋め尽くされた。

この現象を、僕は見過ごせなかった。Twitterで引用リツイートした。

「「お前」がおわってんだよwww」と。そうしたら、大炎上してしまった。

ホリエモンみたいな成金は、低賃金の人たちの実情をわかっていない! 終わってるのはお前だ! 謝れ! などと、まあひどい言葉の集中砲火を浴びた。

僕が成金かどうかという話はさておき、なんで謝らなくちゃいけないの? と、本当に不思議だった。

終わっているものは、終わっているのだ。

■では「月140万円」あれば満足するのか

僕が見過ごせなかったのは、手取り14万の匿名女性の不見識だ。月14万円の稼ぎは、たしかに高収入とは言えないだろう。しかし、あえて問いたい。いくらなら、満足なの? 月に140万円があれば満足? 本当に、本当だろうか?

たくさん稼いだところで、まだあれが足りないとか、これができないなど、満たされない状況が増えるだけで、また「日本終わってますよね」と、嘆くのではないか?

14万円ならば、別に飢えることはない。安い部屋を探して、スマホを使いこなし、無料サービスや売買アプリを利用すれば、ひとまず生きていけるはずだ。

ジムに通って健康管理したい、趣味を増やしたい、多少の嗜好品やブランド品も持ちたい、遠くに旅行したい、だからお金がもっと必要なのだ、という反論もあるだろう。「最低限の暮らしではなく、少しの贅沢と文化的生活は誰でも受ける権利がある」という意見もあった。

たしかに、そのとおり。だが基本的人権の問題と、手取り14万の金額が多いか少ないかは、次元がまったく違う。同じ俎上で論じてはいけない。

14万円の稼ぎがあまりにも少ないというなら、人権とか大きな問題を持ち出さず、自分の満足値をきちんと理解したうえで文句を言うべきだ。

■人生を自力で生きるリテラシーが足りない

「日本終わってますよね?」と言う人たちに問いかけたい。人生において何が幸せなのか、何をしたいのか、明確にできているか?

少しの贅沢を楽しみたい。経済的な不安を軽くしたい。そういう欲を持つのは結構だが、贅沢なんかしなくても幸せにはなれる。

成熟した大人として、当たり前のことを思い出さなくてはいけない。

「日本終わってますよね」と、国家レベルの問題にすり替えようとしているマインドの時点で、自分の本心がわかっていない証拠だ。

足りないのは月給ではなく、人生を自力で生きていくためのリテラシーだ。

炎上はたびたびするのだが、多少の無力感を感じる炎上だった。僕は著書やメディアで、リテラシーを磨くことの重要性をしつこく繰り返し訴えているのに、まだまだ多くの人には届いていなかった。

「おわってんだよ」と言ったけど、投稿者本人を否定しているわけではない。苦しさを招く思考は、工夫次第でいくらでも変えられるのだ。

国家に文句を言う前に、まず自分で変わっていけ!

言葉は厳しかったけれど、そのようなエールをこめたつもりだ。受賞者 写真=iStock.com/kieferpix ※写真はイメージです – 写真=iStock.com/kieferpix

■大切にしているのは「人生を遊び尽くす」こと

大学生時代に起業してから今日まで、スケジュールがガラ空きになったことがない。

1日に数十件の案件を処理することは普通で、国内外の移動、友人との会食、トレーニング、すきま時間にスマホで情報収集や発信を行い、睡眠時間はしっかりキープしている。仕事がなんにもやることなくぼんやり過ごしていたという日は、30年近く1日も無いだろう。僕のなかでは最適化されているので特に大変ではないけれど、普通の人からすれば超人的なタイムスケジュールらしい。たしかに、僕の毎日に全部ついて来られる体力の友人や恋人は、ほとんどいない。

僕にとってビジネスは遊びと同じだ。

時間を活用して、情報を狩りながら自由に生き、すべてが遊ぶことに通じている。

よく、堀江さんが一番、大切にされていることは何ですか? と聞かれる。一番なんかないのだけど、シンプルに答えるなら「人生を遊び尽くす」ことだ。

僕は毎日が楽しくて、楽しくて仕方がない。

常識やいろんな制約に縛られず、人生を自由に、遊び尽くして生きているからだ。

■「できない理由」を探す人は、人生を無駄にしている

「そんなことはホリエモンだからできるんだ」と言う人も、いるかもしれない。けれど、僕だからできることなんて、ほんの少ししかない。堀江貴文『非常識に生きる』(小学館集英社プロダクション) 堀江貴文『非常識に生きる』(小学館集英社プロダクション)

遊んで生きる暮らしは、僕が発明したものでもなんでもないのだ。誰にでも、できる選択だ。もし自分にはできないと言うなら、「できない」理由をつけて遊びを捨てただけではないのだろうか。なんてもったいないのだ、と思う。

もっともらしい理由を持ち出して、自分ができないことの言い訳にして、行動に制限をかけている人は、人生を無駄にしている。

人生は有限だ。無限に生きられる人は、ひとりもいない。

だから僕は、無駄なことはしない。できない理由や過去にやったことへの後悔、未来への不安にとらわれて、貴重な人生を浪費するほど無駄なことはない。

明日から、いや、たったいまから自分が夢中になれる遊びに没頭し、この瞬間を生きる姿勢を身につけていこう。

■行動さえ起こせば、人生は大きく動き出す

最も大事なのは、遊びたいという欲を持つことではない。手や足を好きに動かして、遊び出すこと。つまり、行動だ。

ひとたび行動を起こしたら、人生は必ずや大きく動き始める。遊びに飛びこみ、遊びにハマることで、思いがけない成功につながっていく。

損得や後先をまったく無視した「没頭」によって、自分だけの感覚や視点が育ち、それが他人と差別化できる強みを生み出すのだ。

ビジネスで大きく成功した者たちは、みんな遊びにハマるエキスパートだ。

あれこれ考えないで、好きな遊びに夢中になっている。そうした者にこそ、ビジネスチャンスや、人やお金が、自然に集まってくるのだ。

テクノロジーの進化で、社会からつらい労働が減っていき、食糧は余りまくっている。また格差拡大の問題に対処すべく、世界中でベーシックインカムなど、「働かなくても生きられる」システムの実装が進んでいる。

僕たち人類は、遊ぶのが仕事! という時代へ、確実に進んでいるのだ。

人生で好きなことだけを追求して、遊ぶだけで生きていける。それが常識へと移行していくいま、嫌いな仕事を我慢して続ける理由は、何だろうか?

周りの意見なんか捨て去り、レールから外れて、遊びにハマっていこう。

■断言「会社員になるメリットはほとんどない」

押し寄せるグローバリズムに、交錯するコロナウイルスパニック、働き方改革の導入など、日本人の働く環境は急スピードで変化を求められている。

しかしいまだに「正社員は安心」という常識は、根強い。特に就職氷河期以降、若者の間では正社員希望が増加しているようだ。

だが、会社員になるメリットはほとんどない、と断言する。

昔は終身雇用・年功序列の堅硬な構造が、サラリーマンを選択する最大の利点だった。しかしリーマン・ショック以降、終身雇用も年功序列も崩れ落ちた。

有名な大手企業に勤めているとしても、安定した給料や待遇が得られる保証はない。いつ仕事を失い、路頭に放り出されるかわからないという意味では、正社員も派遣社員もフリーターも同列なのだ。

■リスクの少ない環境で、人は成長できるか

一方で、会社組織の利点としては、仲間との結束感がある。同じ会社に勤める上司や部下、同僚は、仕事の成果を分かち合える最も身近な、味方でありえるはずだ。喜びを共有できたり褒めてくれる人が職場にいると、それなりのモチベーションを保つことができるのではないか。会社のブランドを使って、よりスケールの大きいプロジェクトを進める利用法も考えられる。オフィスの同僚 写真=iStock.com/Sushiman ※写真はイメージです – 写真=iStock.com/Sushiman

人間関係ではストレスは溜まるだろう。けれど同じ会社に勤めているというだけで、結局は身内だから、最低限のフォローをしてくれる。個人的なミスも、最終的には会社が責任を取ってくれる。業務トラブルにおいて、リスクを軽減できるという意味では、組織は役立っている面があるかもしれない。

だが、リスクが免じられている環境で、人は成長できるだろうか?

助けたくもない仲間まで助けることが、正しいのだろうか?

■自己犠牲は美しくない、しょせん無駄骨だ

人は、人のために生きているのではない。やりたいことをやり尽くすために生きていることを、忘れてはならない。

人のために尽くすのがやりたいことだと言うなら、それはそれで結構だろう。しかしそれが目的になった途端、自己犠牲などという表現で美化されてしまう。

絶対に美しくなんかない。自己犠牲は、しょせん無駄骨だ。

組織に依存を続けていると、「みんなのため」という自己犠牲が正義を持ち、個人の意思や意見が押し潰され、成長が阻害されることに鈍感になってしまう。

ポジティブな結束感があったとしても、僕はそんな環境を肯定できない。

リスクを取り、結束感の幻想から解放されよう!

組織には、もう依存できる信頼度はない。

何をしたいのか、どこに行きたいのか、何が好きなのか。絶対に人に譲れない、自分だけのルールは何だったのか。己に深く問い続け、つかんだ答えを大胆に実践していくことで、人生は真に豊かになっていくと信じている。ライフプランニング 写真=iStock.com/takasuu ※写真はイメージです – 写真=iStock.com/takasuu

■「家を買えば安心、いい保険に入れば安心」は誤解

組織が信頼できるものでなくなったのは、働き手にとってチャンスだ。身の丈に合った仕事と収入を、自分の思考と意思で探し出せる好機を得られたと考えよう。

そもそも、安心を得るという考え方を捨てるべきだ。

「家を買えば安心」「いい保険に入れば安心」という常識も根強く残っているが、リテラシー不足による誤解に過ぎない。移動の制限にとらわれる持ち家や、他人の掛け金に乗っかるギャンブルの生命保険なんかに、絶対にお金を使ってはダメだ。

安心を積み上げるより、やりたいことをたくさんやろう! その方が、組織や家や保険に縛られているより、頼りになる成果を得られるはずだ。

———-堀江 貴文(ほりえ・たかふみ)
実業家
1972年、福岡県生まれ。ロケットエンジンの開発や、スマホアプリのプロデュース、また予防医療普及協会理事として予防医療を啓蒙するなど、幅広い分野で活動中。また、会員制サロン「堀江貴文イノベーション大学校(HIU)」では、1500名近い会員とともに多彩なプロジェクトを展開。『ゼロ』『本音で生きる』『多動力』『東京改造計画』『将来の夢なんか、いま叶えろ。』など著書多数。

———-

(実業家 堀江 貴文)