個人的に気になること

色々なものが雑多にファイリングされています。

「水曜どうでしょう」国内企画TOP3! 「原付シリーズ」「サイコロの旅シリーズ」を超える1位は?【ねとらぼリサーチ2021年最新投票結果】

calendar

2021年4月5日から4月18日まで、ねとらぼ調査隊では「『水曜どうでしょう』で一番好きな国内企画はなに?」というアンケートを実施しました。 【画像:ランキング24位~1位を見る】  大泉洋さんのブレイクのきっかけとなった、伝説的ローカル番組「水曜どうでしょう」。国内で行われた歴代企画の中で、最も好きな企画に投票していただきました。今回のアンケートでは、総数1万246票もの投票をいただきました。ありがとうございます! それでは、結果を見ていきましょう。  (調査期間:2021年4月5日 ~ 4月18日、有効回答数:1万246票)

スポンサーリンク

●第3位:サイコロの旅シリーズ

 第3位は「サイコロの旅シリーズ」。得票数は1111票、得票率は10.8%です。  番組初期の名物企画「サイコロの旅シリーズ」は、サイコロの面に行先と移動手段や「宿泊」などを割り振り、出目に従って旅をしながらゴールである札幌を目指すという企画です。  毎回、騙されてはスタート地点へ連れていかれる大泉さん、そして深夜バス(夜行バス)などに苦しむ“どうでしょう班”が見どころ。コメントでは「やっぱりサイコロの旅でしょう。第1回目から面白いからだいすきです!」といった、熱い声が寄せられていました。

●第2位:原付シリーズ

 第2位は「原付シリーズ」。得票数は1873票、得票率は18.3%です。  “カブ”ことスーパーカブに乗って目的地までひたすら走る企画。出演陣はカブにまたがり、ディレクター陣は車で追走するため、走行中は出演者の顔がほとんど映りません。大泉さんがカブを暴走させてしまった「だるま屋ウィリー事件」は、“水曜どうでしょう”の歴史の中でも有名なエピソード。  コメント欄でも「私の初めてのどうでしょうは、あの伝説の…カブで工事現場に突っ込む大泉洋の勇姿でした。懐かしい…」「だるま屋ウイリー事件は声を上げて大笑いしました!」という声が挙がっていました。

●第1位:対決列島 ~甘いもの国盗り物語~

 そして堂々の第1位に選ばれたのは「対決列島 ~甘いもの国盗り物語~」でした! 得票数は2761票、得票率は26.9%です。  「対決列島 ~甘いもの国盗り物語~」は、全10回にも及ぶ長編企画。ディレクター・藤村忠寿さんと安田さんがチームを組み、鈴井さんと大泉さんに、日本各地で名物の早食い対決を挑みます。  牛乳早飲み対決に負けてしまう安田さんの姿は、見る人の笑いを誘います。コメント欄でも「やすけんさんのリバースを筆頭に爆笑シーンが一番多い国内最強シリーズは、対決列島だと思います」「対決列島での安田さんの壮絶な牛乳リバースは今でも定期的に見て爆笑してます」といった声が多く集まりました。

●コメント欄では……

 「原付のウィリーやサイコロの壇ノ浦、対決列島リバース、クリスマスパーティーからの早起き熊さん襲撃。どれも好きだなー」「どれもこれも大好き選べない~」と悩む声も多く、改めて人気の高さを実感した今回のアンケート。たくさんの投票とコメント、ありがとうございました!