個人的に気になること

個人的な忘備録。色々なものが雑多にファイリングされています。

コートにAirTagを入れられ…被害にあった女性が注意喚起

calendar

デジタル化が進み、便利なアイテムが続々と発売される昨今。2021年4月には、Apple社が鍵や財布などの持ち物を追跡できる「AirTag」を発売し話題に。一見便利に思えるガジェットだけれど、今この紛失防止タグを使った被害が多く報告されています――。

鍵や財布、カバンなどの持ち物を追跡できる「AirTag」。幅わずか1.26インチ(約3.2センチ)の小さなサイズで、iPhoneの「探す」機能と同期して使うことができ、持ち物を探し出してくれるという便利なアイテムの一つとして注目されています。

そんな便利に思えるAirTagですが、実は欧米では、ストーカー行為や盗難、さらには誘拐未遂などの犯罪目的で使用されているとの報告が相次いでいるんだそう。「コートのポケットや車の中に、身に覚えのないAirTagを発見した」という声が多数寄せられているといいます。

今年1月6日(現地時間)、モデルのブルックス・ネイダーさん(25歳)は自身のInstagramストーリーズで、「AirTag追跡の標的にされた」という経験をシェア。

0時を迎える前に、ニューヨーク市のトライベッカ地区のレストランから一人で帰宅していたブルックスさんは、自身のスマホから「誰かがあなたを追跡しています」との通知を受け取ったそう。彼女がいたレストランは混雑しており、椅子の後ろにコートをかけていたため、その際に見知らぬ人にAirTagを入れられたのではと推測しているとのこと。

「自分の身に降りかかるまで、AirTagにこんな使い方があることを知りませんでした。だから私は、自分の持ち物から目を離さないでほしい、通知をしっかり確認してほしいと女性たちに注意を促しているのです」「唯一の救いだったのは、誰かが私を追跡しているという通知が来たことです」

また昨年12月には、メリーランド州に住む女性が、「車の助手席側のホイールの下にAirTagが取り付けられていた」と自身のTwitterでシェアしたことも。

「夜中の2時で、周りに車がいない状態で運転していたら、この通知が30分くらいで続けていたんです」

<The New York Post>によると、上記の通知には「AirTagがあなたと一緒に移動していることが見つかりました。このAirTagの場所は、デバイスの所有者によって発見することができます」との記載があったといいます。

Apple社のホームページによると、ブルックスさんとジーナさんのときにも見られたように、AirTagにはプライバシー機能が組み込まれているとのこと。

「見知らぬ人からの追跡を防ぐために、iPhoneの『探す』機能は見知らぬAirTag、または他の『探す』ネットワーク対応アクセサリーが時間の経過と共に移動していることが発見された場合、通知するようになっています」

この通知を受け取った場合、通知をタップして[続行]を選択。これにより「サウンド再生」のオプションが表示され、音が鳴るとAirTagが設置されている場所を特定するのに役立つそう。

また同じように、長時間持ち主が不明なAirTagは、勝手に音が鳴るようになっているんだとか。Androidユーザーの場合、「Tracker Detect」というアプリをインストールすれば、AirTagまたは近くの他の追跡デバイスを感知することができるとのこと。

スポンサーリンク

AirTagの所有者まで遡ることは可能?

各AirTagにはシリアル番号があり、これを使用してApple社と法執行機関は、登録ユーザーを特定することができます。シリアル番号が確認できる3つの方法
iPhoneの「探す」アプリを開き、感知されたAirTagの名前をタップするとシリアル番号が表示される。
AirTagの白い面をスマートフォンの近くに持っていくと通知が届き、タップするとシリアル番号が表示される。
AirTagのステンレス面を指で押し込みながら、ロックが外れるまで反時計回りにまわして、バッテリーカバーを取り外す。取り外したバッテリーには、シリアル番号が印字されている。

日頃から自分の持ち物に身に覚えのないものが入っていないか確認し、万が一通知を受け取った場合は、冷静に対応しましょう。

※この翻訳は抄訳です。

Translation: ARISA ISHIMOTO

Seventeen