個人的に気になること

個人的な忘備録。色々なものが雑多にファイリングされています。

サンマ初競りは「1匹1万円」の異常事態 ニッポンの食卓から「庶民の魚」が消える日

calendar

7月中旬、北海道釧路市の卸売市場でサンマの初競りが行なわれた。わずか24匹の水揚げで、競りにかけられたのは10匹。小樽市内の鮮魚店が「1匹約1万円」で競り落としたという。ご祝儀相場とは言え、「庶民の魚」に1万円の値が付く異常事態だ。

【写真】豊洲市場で過去最高値の1キロ当たり12万円を付けた北海道産の生サンマ

東海大学海洋学部の山田吉彦教授が話す。

「サンマの漁獲量減は、気候変動と海外需要の高まりが大きな要因です。特に、北海道近海では海水温上昇が続き、根室から500㎞以上離れた公海まで出なければサンマの群れに出会えなくなった。燃料代高騰やロシアによる拿捕のリスクもあり、今後はサンマ漁に出る業者も減少すると思われます」

山田教授は、今後もサンマの漁獲量は減り続け、値上がりは避けられないと指摘する。

「ひと昔前は、秋になれば脂ののったサンマが1匹100円程度で買えましたが、すでに庶民の口に入らない高級魚になりつつあります。今や200g以上のサンマはほとんど見かけない。獲れても高級料亭などに高値で卸され、スーパーの鮮魚コーナーなどでは目にすることがなくなるでしょう」

サンマだけではない。「近年、あらゆる魚の調達が困難になっている」と話すのは、水産業界紙『みなと新聞』の杉田和也記者だ。

「国内漁獲量の減少に加え、欧米諸国や中国における魚の消費が高まり、日本の業者が提示する価格が通りにくくなっている。つまり『買い負け』が顕著になっているのです。たとえば白身魚の『メロ』など、かつて日本のスーパーで売られていた魚も他国に流れてしまい、国内ではほとんど見かけなくなってしまいました」

諸外国における魚食ブーム、ウクライナ危機など国際情勢の変化で、回転寿司の「定番ネタ」であるサーモンの流通にも異変が起きている。水産アナリストで貿易会社「タンゴネロ」代表の小平桃郎氏が指摘する。

「日本で人気のノルウェー産サーモンは、近年、アメリカや中国での需要が急増している。日本の買い負けによる品薄だけでなく、ウクライナ情勢の影響を受けた迂回空輸によるコスト増、円安でさらに輸入原価が値上がりしています。今後は、飲食店やスーパーでも価格転嫁せざるを得ず、販売価格も上昇すると考えられます」

同様に定番ネタのひとつである甘エビを巡る問題も深刻だと小平氏は続ける。

「ロシア産の甘エビやボタンエビも、中国での需要が年々増加し、昨年は年初から年末までに日本への輸入原価が2~3倍に急上昇しました。甘エビなどは回転寿司や居酒屋の定番メニューですが、今後、メニューから消えるかもしれません」

サンマと同様「庶民の魚」であるサバやアジにも黄信号が灯っている。

「回転寿司などで使われる大型のサバは、ノルウェーからの輸入が多い。サーモンと同様、ウクライナ情勢の影響で空輸が困難になり、価格の上昇が続いています。アジは、特に東シナ海における中国の乱獲で、漁獲量が大幅減少しています」(前出・山田教授)

日本の食卓が大きく変わるかもしれない。