8月は再び猛暑へ… 東海から西に”異常天候早期警戒情報”

8月4日以降の一週間程度、九州から東海にかけての広いエリアで平年を1.5℃前後上回る日が続く見込みです。このため、気象庁は高温に関する異常天候早期警戒情報を発表しました。
台風12号の通過に伴い猛烈な暑さは一段落した所が多かったものの、今週中頃からは夏の高気圧が復活。
8月に入り、西日本では再び35℃以上の猛暑日となるところも多くなってくる予想です。

また、東京の平年の8月10日頃の最高気温は約31℃。関東など発表されていないエリアでも、平年通り暑くになることに変わりはありません。しっかりと暑さ対策を続けるようにお願いします。
該当のエリアと30%以上の確率で見込まれる高温の程度は以下のとおりです。

▼平均気温の平年との差(8月4日からの一週間)
・東海地方
+1.7℃以上

・近畿地方
+1.5℃以上

・中国地方
+1.8℃以上

・四国地方
+1.6℃以上

・九州北部地方 (山口県を含む)
+1.6℃以上

・九州南部地方、奄美地方
+1.2℃以下

異常天候早期警戒情報とは

原則として毎週月曜日と木曜日に、情報発表日の5日後から14日後までを対象として、7日間平均気温が「かなり高い」もしくは「かなり低い」となる確率が30%以上、または7日間降雪量が「かなり多い」となる確率が30%以上と見込まれる場合に気象庁から発表されます。