ボクシング問題 「会長がひいきの選手を勝ちにした」と現役審判員が告白

全国のボクシング関係者が、日本ボクシング連盟への処分を求めている問題で、現役の審判員の1人がNHKの取材に応じ「会長の威圧感を感じ、会長のひいきの選手のほうを勝ちにしたことがある」と不公正な判定をした経験を明らかにした。NHKニュースが報じた。

審判員によると、同連盟の山根明会長は、大会初日や決勝戦など注目の集まる試合を前に審判の会合に出席し「どちらを勝たせなければいけないかわかるな」などと審判員に話していたという。