カンニング竹山、山根会長へ「本当のカリスマは勇退」

お笑い芸人のカンニング竹山が6日、TBS系「ビビット」で、日本ボクシング連盟の山根明会長が自ら「カリスマ山根」と言っていることに「本当にカリスマだというならば、本当のカリスマは勇退」と訴えた。

番組では、連日報じられている山根明会長と、日本ボクシング連盟の騒動について特集。コメントを求められた竹山は「この人(山根会長)は選手ファーストじゃなくなっている」と指摘した後「本当にカリスマだというならば、本当のカリスマは勇退なんですよ。次の世代に渡した方がいい」と、山根会長が自ら「カリスマ山根」と言っていることを皮肉り、会長職を辞することを勧めた。

山根会長は未だに辞める気配は一切見せないが、次世代にバトンを渡せないのは「私物化している証拠。実際、自分がカリスマだと言っているし、政治的配慮でこうなったって(言っている)、これは考えようによってはヤラセがあるぞってこと。こんな時期にそんなこと言ったらダメでしょ」と竹山はバッサリ。「古い考えだから、早く勇退して次の世代にちゃんと結びなさいということ」と、一刻も早く会長の座を退き、後任にバトンを渡すべきだと訴えていた。