反社会勢力と交際山根氏、鈴木長官「辞任に値」

スポーツ庁の鈴木大地長官は7日、一般社団法人・日本ボクシング連盟の山根明会長が反社会勢力との交際を認める発言をしていることについて尋ねられ、「事実だとするなら辞任に値すると考えている」と述べた。山根会長はこれまでの読売新聞の取材に対しても「何年か前まで友人としての付き合いがあった」と語っている。

 スポーツ庁が競技団体の人事に関与する権限はなく、鈴木長官は「あくまで個人的意見」としながらも、「ボクシングやスポーツ全般に対するイメージをだいぶ損ねている」と憤り、「辞任に値する」と繰り返し語った。

 助成金流用や試合判定の不正などがあったとして都道府県連盟幹部らから告発されている日本連盟自体についても鈴木長官は「ガバナンスが非常に問題」と述べた。