新潟県で「万引き家族」が逮捕 その実態に「働けよ」とツッコミ相次ぐ

新潟県警新潟北署は6日、家族で共謀してスーパーマーケットで食料品を万引きしたとして、窃盗容疑で市内在住の男(67)とその妻(64)、および息子(45)の3人を逮捕したと発表。

リアル「万引き家族」の実態に、ネットでは驚きや呆れの声が噴出している。

■家族全員無職で生活保護を受給

「産経ニュース」によると、逮捕容疑は4日午後4時35分頃。3人は区内のスーパーから1750円相当の食料品8点を盗んだ疑いがある。

万引きに気づいた店員らによって夫・妻の2人が取り押さえられ、その後、現場から逃走した息子も自宅で逮捕されたという。

なお、3人はいずれも無職で、生活保護を受けていたとのことだ。

■驚きの声相次ぐ

この報道に対し、ネットでは驚きの声が相次いだ。

・新潟すげーな。親子で万引きか

・新潟の万引き家族か、、、

・家族で生保受給して万引き? 保護費何に使ってるのです、ギャンブル?

■「元気があるなら働け」の声

また、「万引きする元気があるなら仕事しろ」「走って逃げる元気あるなら働けばいいのに」など、批判とツッコミの声も。

・万引き出来るなら、仕事しろよッ!

・息子さん働いてくれ

・走って逃げる元気があるなら働けばいいのに

・生活保護の受給停止でいいのでは? 万引きした商品は、働き手によって製造されたものだから働きもしないで余力でもって犯罪してるんやからね

・こんな奴らを税金で守る必要はないと思うのだが

■半数弱が「無職はダメ」

しらべぇ編集部では以前、全国20〜60代の男女1,498名に「仕事について」の調査を実施。その結果、「無職でいるのはいけないと思うほうだ」と答えた人は、全体で44.1%と高い割合に。

無職はいけないとと思う性年代別グラフ(©ニュースサイトしらべぇ)

半数近い人は「無職はダメ」と考えているということだが、今回逮捕された家族、とくに長男はそうは思っていなかったのだろうか。

病気を患っていたなどの可能性もあるかもしれないものの、万引きをしてしまった以上、警察から、また世間から厳しい追求を受けるのは免れないだろう。

 

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美