山根会長が辞任表明 妻の「楽になってください」で決断

助成金の流用、審判員の不正判定、過剰なおもてなし、反社会的勢力との交際など数々の問題や疑惑で大揺れの日本ボクシング連盟山根明会長(78)が8日午後、大阪市内で会長辞任を表明した。

午後0時30分。山根会長は予定より30分遅れて会場に到着。黒いスーツ、シルバーのネクタイでビシッと決めたスタイルの山根会長は「私は本日をもって辞任をいたします」と発言。前日の緊急理事会で進退を一任された山根会長は、自宅に戻り、妻に「辞任したい」と相談した。それに対し妻から「私がどういうことがあっても会長を死ぬまで面倒見ていくから今、楽になってください」と言われたと決断の理由を話した。

山根会長はこれまでワイドショーなどのインタビューに対し、疑惑を一蹴。辞任要求にも「辞めません」と強気の発言を繰り返していた。7日の緊急理事会では、任期なしの「終身」となっている山根会長の解任、さらには連盟からの除名処分を求めるかと思われたが、進退は山根会長に一任することになった。

理事会後、山根会長は「私は歴史に生まれた男。自分の判断は自分で決めます。時間を下さい。8日12時(正午)に私の気持ちを言います」と話していた。

また声明の中では、20年東京五輪に向けて「どうか選手の皆さん、将来東京五輪に参加できなくても、その次の五輪があります」と発言をする場面もあった。今回の問題が20年東京五輪でのボクシング種目実施に影響を与える可能性もある中、無責任ともとれる発言は波紋を呼びそうだ。

山根会長は、都道府県連盟の幹部らによる告発状で不正疑惑を指摘され、助成金の流用の事実は認めた。審判員の不正判定や過剰な接待の要求などは全面否定している。しかし、疑惑に反論する過程で反社会勢力との交友を公言する姿が波紋を呼んでいた。