塚原千恵子本部長、パワハラ問題で協会去れば「もっと言いたいこと言うよ」…TBS「ビビット」の電話取材で告白

16年リオ五輪代表の宮川紗江(18)からパワハラを受けたと告発された日本体操協会の塚原千恵子・強化本部長(71)が31日放送のTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)の電話取材に応じた。

今回の告発を「私ね何も悪いことしてないからさ。暴力を報告しただけなのになんでこんな風になるんだろうって。協会は、私達をあんまり応援してないんでね。変だなって感じがしてね」と明かした。

その上で協会が第三者委員会を設置し真相を究明に動くことに「委員会って誰を調べるの? 誰を調べるのかね。私達かね?」と示した。さらに、今回の問題が原因で協会を去ることになる可能性を問われ「私達が協会辞めたら相当なことになるよ。もっと言いたいこと言うよ」と話していた。

また、宮川の会見を見た印象を「ウソがいっぱいあるなと思った。暴力をパワハラにすり替えられた」と述べていた。