テレ朝『報ステ』の宮嶋泰子が「体操協会」と「パワハラ女帝」を擁護する理由とは

世間の感覚と、こうも違う理由はいったい?

体操女子の宮川紗江選手が日本体操協会からパワハラを受けたと告発した問題が、国民的関心事となってきている。

8月30日放送の『報道ステーション』(テレビ朝日系)では、同局のスポーツコメンテーターである宮嶋泰子が「パワハラ」の当事者とされる塚原千恵子氏を電話取材する様子を放送。しかし、視聴者からは「不快」との声が多く上がっていたようだ。

「宮嶋の質問内容が最初からわかっていたかのように、千恵子氏は流暢な口調で宮川選手の主張を全否定。宮嶋は『個人的な感想』といった断りを入れないまま、千恵子氏の主張がすべて事実であるかのように同調し、世間が誤解している部分があると擁護。終始、協会や千恵子氏側に立っている印象を受けました」(週刊誌記者)

ネット上は「もはや協会側とズブズブなのがミエミエ」「明らかに塚原夫妻の広報だ、聞いていて不愉快、人選ミス、もっと公平な人を出せ!」などといった批判コメントであふれている。

宮嶋は同日の朝のワイドショー『羽鳥慎一モーニングショー』(同)でも「体操協会を擁護している」と話題になっていたが、その理由をスポーツライターが明かす。

「ひとつは、昨年から『世界体操』をテレ朝が放送しているんです。今年も10月開催で、そんな時期に体操協会を叩けるわけがない。そして、宮嶋のFacebookには『公益社団法人日本新体操連盟 理事』の文字があるんです。思いっきり体操協会側の人間だったというわけです。協会や塚原夫妻を擁護するのも当たり前ですね。そんな宮嶋が、コメンテーターとしてふさわしいといえるのでしょうか?」

テレ朝側も、偏った放送内容になったことを反省すべきではないか?