ヒツジ70頭以上が不明 ヒグマの足跡が… 北海道・池田町

北海道・池田町の牧場で2018年6月以降、ヒツジ70頭以上がいなくなり、ヒグマに襲われたとみられている。

池田町のヒツジ生産牧場「ボーヤ・ファーム」では、2018年6月以降、放牧地に放したメスのヒツジ480頭のうち、70頭がいなくなったほか、そのあとに放したオス10頭も姿を消していた。

現場では、のどをえぐられたヒツジの死骸や、鼻血を出して泥まみれのヒツジ1頭も保護され、ヒグマの足跡も確認されたという。

ボーヤ・ファーム 安西 浩社長は、「首のあたりの骨もかみ砕かれていた」、「キツネとかではない。クマの被害ではないか」などと話した。

池田町では、ハンターを要請し、駆除を検討している。