静岡でクッキリ濃い虹 レア現象『過剰虹』が出現!

「虹です♩クッキリはっきり見えています」今日11日(火)早朝、静岡県富士市からとても濃い虹が見えたと報告がありました。今朝は晴れていたところが多かったものの、一部では細かい雨雲が残っており、その雨粒に朝日が反射して虹が見られました。しかも、この虹をよく見ると、なんだかいつもと違うような…。

虹色が繰り返して見える過剰虹

この写真のように、虹のすぐ内側に、繰り返すように虹色が見えるものを『過剰虹』といいます。虹は水滴(雨粒)による光の反射によってできますが、過剰虹は、降っている(いた)水滴が比較的小さく、大きさがそろっているときに現れやすい虹です。

いろんな虹

虹には、過剰虹の他にもいろいろな種類があります。・副虹普通の虹の外側に少し薄く虹が見える現象。普通の虹(主虹)とは、水滴での反射の仕方が違います。虹の色の順番はいつも決まっていて、主虹(普通の虹)は外側が赤系の色になりますが、ただ、副虹の場合は逆で、外側が青系の色になっています。・反射虹水面などに一度反射した太陽光が、再び雨粒に反射されてできたもの。水面に反射した光は弱いので、稀にしか現れない現象です。・白虹(霧虹)通常の虹は、太陽の光が雨(空気中の水滴)に反射して見られるのに対し、白虹は太陽の光が「霧」に反射して見られる現象です。霧の粒は雨粒より細かいため、プリズムのように分光されず、全ての波長(色)の光が同じように散乱されるため白く輝きます。

今日はニワカ雨注意

よく「朝虹は雨」と言われ、朝に虹が見えると雨が降るサインとされています。今日の東日本は変わりやすい天気で、日差しも届きますが、細かい雨雲が残り、パラパラと雨が降ってくることもありそうです。お出かけには折りたたみ傘があると安心です。