さらばiPhone SE……ラインアップから姿を消した名機を悲しむ声、ネットにあふれる

iPhone XS」や「iPhone XS Max」などの新製品が発表になる一方で、Appleのサイトから「iPhone SE」の名前が消え、ユーザーの間で悲しみの声が広がっている。

新モデルの発表に伴ってラインアップから姿を消したモデルは「iPhone X」など複数に及ぶが、その中でもiPhone 5sの流れをくむ4型モデル「iPhone SE」は、いまや絶滅危惧種となったコンパクトなモデルとして熱心なファンも多く、しかもつい半年前にはかなり具体的に後継モデルの噂も流れていただけに、ラインアップからの消滅という今回の事態に失望する声がネットにあふれている。海外の調査会社によると2018年8月時点でのiPhone SEのシェアは4.62%ということで、旧機種であるiPhone 6s Plusの4.74%よりも低く、終息は当然とする向きもあるが、一方でiPhone 7相当の性能でFace ID非対応の未発表機種の情報がXCodeから見つかったとの新情報もあり、「iPhone SE 2」とされる後継モデルについて、まだ望みを捨てていない人も少なくないようだ。