トヨタ、全店で全車販売=車種大幅減、販売戦略見直し

トヨタ自動車が、約5000の国内全販売店で全車種を売る検討を進めていることが27日、分かった。販売系列ごとに分けてきた取り扱い車種を全店で販売できるようにする。2025年ごろの実現を目指す。国内向けの開発車種も約60種類から大幅に減らす。開発・販売コストを削減するほか、1台の車を共同利用するカーシェアリングへの参入を視野に販売戦略を抜本的に見直す。

トヨタは現在、高級車中心のトヨタ店、中級車のトヨペット店、大衆車のカローラ店、若者をターゲットにしたネッツ店の四つの販売系列で取り扱い車種を分けている。それぞれ独占的に販売できる車種を設けるなど、店舗ごとのすみ分けを図ってきた。