「世界で最もスマホにお金をかける国」判明、ダントツで日本でした

韓国メディアがアメリカの調査会社「Strategy Analytics」のデータを引用した報道によると、スマホ本体の平均販売価格(ASP)において、日本と韓国がツートップに輝いたそうです。
これは国民がどれだけハイエンドスマホ志向なのかを示す指標で、500ドルを超えたのは日本と韓国のみ。
しかし韓国が529ドルなのに対し、日本は650ドルとダントツで、いかに日本でハイエンドスマホが一般的なのかを示す興味深いデータとなっています。
今なおiPhoneが高いシェアを誇る、世界でも珍しい国であるだけに納得のいく数字。10万円超えが当たり前になってしまったiPhone XS商戦では、何らかの変化がもたらされるのでしょうか。